生活の知恵

レタスの芯を水に浸けておくとまた葉が生えてくる!?誰もが目を丸くする恐怖の節約術…!

投稿日:

レタスの芯って捨てますよね?
ちょっと待ちましょう。

もったいないから水に浸けてみてください。
葉っぱが生えてくる。

本当に底の部分だけ切り取って浸ければ大丈夫です!
テレビで見ました!

スポンサーリンク

2週間程度浸けておくだけで復活!

レタスの芯は植物の茎のようなものなので、水に浸けておくことでそこからまた根っこが生えてきて成長が始まります。

小さな容器の中に、芯の底が浸る程度のごく少量の水を入れて約2週間放置すると1枚分程度の葉っぱが再び立ち上るように生えてきます。

残念ながら丸い形まで復活するということはないようですが、リーフレタスのように1枚分の葉っぱ程度であれば食べられる量が栽培できるようです。

便利かどうかは置いておいて面白そう。
実際にやってみて追記してみますね…。

ネギやハーブなどでもOK!

余談ですが、ネギの根っこなども水に浸けておくと再びネギが生えてきます。

こちらは割とメジャーな節約技であり、食べたネギの根っこを土に植えて、再び立派なネギが生えるまで家庭菜園する方もいらっしゃると聞きますね。

バジルやハーブ類など挿し木ができる植物も、食品として購入したものの一部を土に挿したり水に浸けたりすることで、食べられる葉を増やすことができます。ハーブ類は生のものを買おうと思うと値段が結構張るし、かと言って一度に使う量も少ないですから、栽培して少しずつ使うというのは効率的なんですよね。

キノコ類は駄目

じゃあイメージ的にキノコの石突き(密集した下部の固い部分)を水に浸けておくとキノコが復活するのでは…!?と思ったのですがこちらは残念ながら駄目なようです。

キノコの繁殖にはあくまでも生きた菌糸が必要であり、スーパーなどで市販されているキノコ類の菌糸が生きていることは滅多にないそうです。厳密に言えば植物とは違う生態系を持った生き物なので、同じような技が通用するわけではないんですね。

でもエノキダケとかを石突きに付けたまま放置すると上に伸びてしまいますよね?不思議だ。

どうもあれは上についているキノコ自体が生きているから成長するだけとのこと。しかも外部からの栄養供給がないので、上に伸びるものの重量は変わりません(難しいな…)

あれ大きくなるから得では?と思ってたんですが違うんですね。中身がスカスカになって美味しくなくなるそうなので早く食べましょう。

というわけで石突きを水に浸けてもキノコが復活することはありません。潔くゴミ箱へポイ。

まとめ

恐怖の節約術。レタスの再生…とその他植物の再生栽培に関わる記事でした。

色々な自家栽培系の話は見ますが、レタスがまた生えてくるというインパクトはなかなかのエンタメ性がありました。

2週間で葉っぱ1枚程度じゃ旨みがあまりにもないですしね…。

でも絵的にはなかなか目を見張る地味な魅力があるかもしれません!皆さんも面白半分で一度試してみてはいかがでしょうか!僕はやってみます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-生活の知恵
-

Copyright© HatsuLog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.