生活の知恵

白ネギと長ネギは"全く同じ野菜"です!一緒に買ってしまわないように注意!

投稿日:

食卓に欠かせない万能食材であるネギ。
スーパーなどで目にしないことはないと思いますが、その種類は様々です。

その中で取り分け目にするであろう「白ネギ」と「長ネギ」の2種類。

スーパーで別々に目にすることもあるけれど、この2つの明確な違いが何なのかはよく分からない。何となく気分や値段で買い分けている。そんな方が多いのではないでしょうか。

ですがこの2つ、実は全く同じものだって知っていましたか?

この記事では「白ネギ」「長ネギ」を含めた、ネギの名称についてまとめて参ります!

スポンサーリンク

「根深ネギ」という同じ野菜

一般的に「白ネギ」「長ネギ」として売られているネギは、根深ネギと呼ばれる同じ種類の野菜です。

それらを地域や店舗によって「白ネギ」「長ネギ」という別の商品名で販売しているだけ。特別に表記がない限りは、周辺のスーパーなどでは同じ産地の同じものが販売されていると考えて良いでしょう。

根深ネギは基本的には白い部分を食べる野菜であるため、緑色になっている部分を切り落として販売されている場合を「白ネギ」と呼び、一本丸ごと販売している場合を「長ネギ」と呼ぶことが多いのだとか。

大きさによって分けられていることも

しかし同じ店舗内で、一本の「白ネギ」と「長ネギ」を分けて販売されていることもあります。

その場合は、店舗ごとに定められた規定以上の長さであれば「長ネギ」、それを下回るものであれば「白ネギ」など、大きさで価格を変えて販売しているようです。

違う商品であることを明示するために、販促ポップなどに書かれている使用用途が違う料理名であることもありますが、どちらも問題なく同じ料理に使用できますのでご心配なく。

ポップの用途に書かれた通りに「白ネギ」と「長ネギ」を同時に買う必要は一切ありません。その時々で使い切れる大きさの方を見繕って購入して下さい。

「青ネギ」と「小ネギ」も同じ野菜

長ネギよりも細く小さい、汁物や豆腐などと一緒に食べる「青ネギ」や「小ネギ」。この2種も同じ野菜です。

これらは「葉ネギ」という括りの中にある野菜で、稀にこの「葉ネギ」という名称で販売されていることもあります。

ですが「葉ネギ」は、安価で「小ネギ」として売られている種類の他に「九条ネギ」などのブランド品も含まれた総称として用いられるため、混同を避けるために商品名に使われない傾向があるようです。

「万能ネギ」は商品名

これらと近いネギとして「万能ネギ」が売られているケースもあると思います。

野菜としては同様に「葉ネギ」の括りに入るものですが、「万能ネギ」は商品名(ブランド名)であり、野菜その物を指した名前ではありません。

福岡県にある「JA筑前あさくら」さんが登録しているもので、こちらの認可がない商品は「万能ネギ」を名乗ることはできません。逆に言えば、店頭に並んでいる「万能ネギ」は確実に認可があるブランド品ということになります。

青ネギを購入する際には、買い比べて風味の違いを確かめてみても良いかもしれませんね。

「薬味ネギ」は特定の種類を指さない

地域によっては「薬味ネギ」という呼び方で何かしらのネギが販売されていることがあります。

これは「薬味に適したネギ」を指して店舗が用いている便宜上の名称であり、統一された基準は存在していません。

「青ネギ」などを「薬味ネギ」として販売しているパターンもありますが、主にあらかじめ店舗内で切られ、そのまま調理に利用できるようになっているネギを指して使われている様子。

切られたネギがどの種類のネギかは、大きさや切り口の形で判断し購入して下さいね。

スポンサーリンク

まとめ

「白ネギ」と「長ネギ」は根深ネギという同じ野菜。
「青ネギ」と「小ネギ」も同じ種類。
「万能ネギ」は特定の生産地の商品名。
「薬味ネギ」は店舗が自由に利用している名称。

でした。

売られている地域や店舗によって産地などは異なりますし、ここに書かれている内容はあくまで一例です。産地の違うネギが1つのスーパーなどで売られているケースでは、確認した上で好みのものをお選び下さい。

僕の行きつけのスーパーが「白ネギ」と「長ネギ」を別々に販売していることから、違いが分からないまま手に取っている微妙なモヤモヤ感を晴らすために調査し、必要な部分だけをまとめました。

この記事が同じような思いを持つ人の解決に利用できましたら幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-生活の知恵
-,

Copyright© HatsuLog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.