ゲーム/アニメ/映画 本/映画/その他娯楽

『キンプリSSS』11話感想 一条シン、輝きの理由

更新日:

最新作劇場版&TVアニメシリーズ
『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』公開記念!

『キンプリSSS』『スッスッス』の感想記事。
最速上映参加の勢いで1話ずつガッツリと。
(※この記事は3回観てから執筆しています)

11話は僕をあなたを笑顔にしたい!一条シン!

我らが主人公シンくんが満を持して登場!…とは言いつつもあの衝撃の10話から始まる11話。ただシンくん個人の話を期待していればいいというわけにはなくなってしまいました。そもそも初見時は「四章」がショッキングムービーすぎて、各話の区切りが上手く感じ取れなかったほどでしたし…。

ですが、様々なことがあっても彼の担当回には変わりません。出生やプリズムスタァになるまでなど、「一条シン」個人のことも未だほぼ語られていないと言っていいキャラクター。他のキャラ同様、今回で彼を見る目がどう変わるのかにも期待が集まったことでしょう。

なお今回の記事を読む前に、10話「如月ルヰ」担当回の記事を併せて読んでおいて頂けると理解がスムーズです。10話は本当自分でもよく書けたと思う(熱い自画自賛)

理解不能な10話からオーバードーズの11話へ。

したためて参りましょう!
イッキま~す!!

スポンサーリンク

これまでの一条シン

『KING OF PRISM』の主人公にして、類い稀な才能を持つプリズムスタァ。

如月ルヰに導かれる形でプリズムショーに触れ、その魅力の虜になったところを氷室主宰にスカウトされてエーデルローズへ。先輩のOver The Rainbowや仲間達に後押しされる形でその才能を発揮し、人気プリズムスタァへの道を歩み始めます。

初めてのプリズムショーでは素人とはとても思えないジャンプを飛び、見る者に衝撃を与えたことは記憶に鮮明です。また『キンプリ』からの新技である「プリズムラッシュ」を初めて使用した他、シリーズ通して超難易度技である太陽を利用したジャンプを複数種類使用して観客を魅了するなど、主人公らしく随所に規格外感を覗かせるキャラでした。

『キンプリ』『キンプラ』でそれぞれ単独(センター)ショーを披露しており他のキャラより出番は多めなものの、マイソングの「Over The Sunshine!」は元々Over The Rainbowの楽曲であることから、完全なオリジナルソングによるソロプリズムショーは今作が初となります(※)

また前作までではショー関連を除くとルヰとの関係性が活躍の中心であり、シン個人をフィーチャーしたシーンは前作までにもほぼ存在しません。そのため、主人公にして過去や私生活は一切不明という珍しい立ち位置に座ってしまっていました。

『キンプラ』では設定上「シャイン」と呼ばれる「プリズムの使者」(絡みの存在)と密接な関わりであることが判明。ルヰと「(便宜上)イケメンアイドルアニメ」あるまじき謎すぎるやり取りを交わし、我々を混乱の渦に巻き込みました。これによりルヰと同じく「人間ではないのでは?」説も語られるようになりました。

その設定の大きな部分が10話の如月ルヰ回で語られたことにより、11話はその話をどう回収するかにも焦点が当たることとなりました。本記事ではその内容を参照します。

加えてほぼネタですが、今作では最後にエデロに入学したせいか「どうして○○さんは××なんですか?」「僕知りませんでした」というキッカケ発言を行う役に回ることがとにかく多く、結果として仲間達の過去をほぼ把握しないまま1年を過ごしていたことが判明しました。普段はあまり詮索しない、遠慮がちな優しい子なのだと思います。

そんな一条シン…とシャイン。
2人の真実が明かされる11話を紐解きます。

衝撃の「0カラット」

「僕が一番…プリズムの煌めきを広めることができるんだ!」

シャインに完全に身体を乗っ取られてしまったシンは、自身の記憶や意識を保たないままPRISM.1の舞台に上がります。目が覚めてみるとそこはステージの上。自身を囲む仲間達と静まり返る観客席を見て、何かが起きたことを悟ります。

「僕のショーは…?」
「…終わったよ」

そんなはずはないと思いつつも、状況を見ればそれを信じざるを得なかったのではないでしょうか。嫌な予感を感じ取り、咄嗟に振り向いてスコアボードを見遣るシン。

そこに書かれていたのは「0カラット」の文字。

シンは愕然としてその事実を受け入れられないと表情でした。無理もありません。結果は「DNF」ではなく「0カラット」。それは、ショーをしたにも関わらず誰にも心の煌めきを届けることができなかったことを意味しているのですから。

「――僕は一体何をしたんですか…!?」
「覚えてないのか…?」

ほんの少しのやり取りを仲間達と交わした後、シンは再び意識を失ってしまいます。このやり取りだけでも様々な感情の動きがあったでしょう。まずシャインに乗っ取られたタイミングを考えると、シンはルヰのショーのスコアさえ知らずにそこで目覚めたはずです。

ルヰの結果、自身のショーの内容、自分がそこにいる理由、仲間達が驚いている理由、観客が全く声を上げていない理由、0カラットなどというスコアを出してしまった理由、エーデルローズ存続の可能性…。あの場のシンには知らないことと理解できないことしかありませんでした。

とてもそれらを彼があの一瞬で処理できるものとは思えません。シャインの干渉から完全に立ち直ったわけではなかったのが大きな理由だと思いますが、キャパシティを超えたことによる脳の逃避的な意味も含んだ気絶だったと思われます。すぐに彼は医務室に運ばれることになりました。

ここで即連れて行かれたシンと対照的に、同じように意識を失ったルヰの方は仁がずっと抱きかかえているのを確認できます。これだけで「仁が絶対にルヰを手元から離そうとしなかったのだろう」という裏事情が伺えるのが面白いですね。

医務室で眠りに就いたシンは、仲間達に見守られながら長い夢を見ます。それは、自分の過去や生い立ちを自身が振り返って行くような不思議な夢でした。

スポンサーリンク

SIN

ここからはシンとシャインに項を分けて執筆して行きます。

夢をさまよう一条シンがまず見ることになったのは自身が生まれ落ちる瞬間でした。

街にある一般的な病院「シンフォニア産婦人科」で一条シンは生まれました。『プリティーリズム・ディアマイフューチャー』にはシンフォニア財団という組織が登場。物語の中核を担っていますが、『レインボーライブ』世界にシンフォニアを冠する組織があるかは今のところ不明。ただのオマージュかもしれません。

「名前はシン。"新しい"と書いてシンだ」

禍々しいタイトルコールとは裏腹に、その名前は両親からしっかり授かったもの。だからこそ余計「SIN」の表記に胸を痛めてしまうのですが…。病院で取り上げられていることから、彼本人が「人間ではない可能性」はほぼなくなったと言って良いと思います。

ここで気になるのは両親の見た目と声。
プリズムワールドにいる赤井めが姉ぇと赤井めが兄ぃにそっくりなのです。今までもシリーズキャラと同声優によるオマージュは多々ありましたが、外見まで揃っているのは初。プリズムワールドが"あんなところ"だと判明した今となっては、そんな寄せ方をしてきているのが最早単純に恐怖。

赤井めが姉ぇは『プリティーシリーズ』皆勤賞ですが、めが兄ぃは『プリパラ』に登場。どちらもシステム側の人間であり「同モデルが大量に存在している」という点など使者と関連している部分も多い存在。こわい。ただのオマージュであってほしいと願うばかりです。

彼の人生を変える出来事が起こったのは幼少期。
祖父母の家と見られる場所で大量の流れ星が見かけたところから、運命は動き出します。

シャインの寄生 ルヰとの出会いの謎

幼かったシンにとって初めて見ることになったであろう流星群は、プリズムワールドの使者「りんね」が今正に様々な世界に向かって降り立っている光景でした。これをきっかけに、何らかの原因で彼の身体の中に「シャイン」が宿ることになります。

幼少期における祖父母邸でのシンの行動はヤンプリでも語られているので、是非チェックを。これを読んでいるかいないかで理解度にかなり差があります。
http://www.pashplus.jp/anime/82423/

このヤンプリを読むとルヰとの初めての出会いは幼少期に実は済ませていたことが分かり――この「ルヰ」って誰なんだ…?

四章鑑賞後に読み返して絶句したのですが、話の辻褄が10話と合っていません。そもそもこの時点ではルヰどころかジュネさえ存在していないはずです。時系列的に考えれば流星群に乗っている「りんね」は、シャインの記憶を消去されたVer.3.01である可能性が最も高く、それは漏れ聞こえてくる彼女の晴れやかな声からも確かだと思います。

つまりヤンプリに登場している「ルヰ」は我々の知る「如月ルヰ」ではない可能性が高いです。

これは重大な伏線であると考えられます。
11話では流星群を見て縁側でおねしょしていますが、ヤンプリはホタルを追いかけていたり、シンが話すおねしょのエピソードにも食い違いあります。どうもこの2つが同じ時分でもなさそうです。

内容を比べるとヤンプリのエピソードは11話の後に当たるようです。媒体が違うので何らかのミスである可能性もゼロではありませんが、監督監修のヤンプリでそんなことが起きるとも思えません。覚えておくと良いかもしれません。

その後に流れる幼稚園のお遊戯会の映像では、シンだけが振付を逆に覚えていて滅茶苦茶な動きに。ここで「シンには元々ダンスのセンスがない」ことが表されている他、この時点ではシャインの力の影響を全く受けていないことが同時に分かります。

小学校の友人との一幕は至極平凡なものでしたが、これも「シンは元々人前に立って輝いていたタイプではない」ことを表していると思われます。シャインの影響についても、上と同様の解釈をして良いかと思われます。

続いてサッカー少年だった頃のエピソード。
一応設定には存在しましたが、映画で取り上げられたのは初めてです。ここでも初戦敗退など「ごく普通の学校で普通の部活動に励んでいた」ことが示されています。エースとして活躍したなどの特別な話も出てきませんでした。

「中学3年生になって塾に通い始めた」というあまりにもすぎる平々凡々な少年エピソードが付加され、とにかく「普通の人間であった」ことがこれでもかと言うほど強調されていく過去エピソードでした。ここまでプリズムショーとの絡みも当然一切ありません。

シンの持つ煌めきの源泉

ある日の帰り道でルヰと出会い、彼の人生は『KING OF PRISM』へと繋がっていくことになりました。個人的には、親をどう説得して中3の大事な時期にエーデルローズに入ったのかが非常に気になります。

Over The Rainbowのショーを観て、シンがプリズムショーに魅入られた…あの全ての始まりから、彼の奥底に眠っていたシャインも少しずつ力を取り戻し始めます。そしてコウジとの荒療治に近い初めてのプリズムショーで「シン・無限ハグ」を飛んだのと同時に、シンの身体にはシャインの力が巡るようになりました。

このことからシンの持っている煌めきを広める力やプリズムショーの能力は、原則的にシャイン由来のものであることが明らかになりました。悲しいことですが、現時点ではそう判断せざるを得ないでしょう。そのためにあそこまで平凡な少年であった過去を流したのだと思うので。

現に『キンプラ』でルヰにシャインの力を封印されてしまった時に、シンは一切のプリズムジャンプが飛べなくなりました。「ユキノジョウさんの特訓のおかげ」とされた復活劇も、実際はルヰがシャインを解き放ったおかげです。

ここについてはルヰの封印によって「シンの身体に宿る全ての煌めきが封印された」か「シャインの存在が封印された」かが分からないので確実ではないですが、もし後者であった場合そもそもシン本人はプリズムジャンプを飛べない可能性があります。

実はあの時シャインが復活しなくても、シンはシンのジャンプが飛べたのかもしれません。でも今となってはそれも分かりません。いつかそれが分かる日が来ることを願いたい限りです。

この11話はシンの担当回でありながら、突き付けられる事実はシンにとってもシン推しの方にとってもとにかく厳しいものだったと感じています。記事の後半で彼に救いをと思っているので、このまま読み進めてもらえると幸いです。

スポンサーリンク

SHINE

続いてはシャインの話です。

シャインはシンの身体を宿主に決めた後、ルヰとなった「りんね」と再会します。幽閉された空間から必死で「りんね」に「ここから出してくれ!」とただ寂しがり訴えかけるシャインは、とても彼女のことを自分を封印した憎むべき相手であると思っているようには見えませんでした。自分が封印された理由さえよく分かっていないのかもしれません。

『キンプリ』でもこの時ルヰが涙を流すカットが挿入されていますが、これについてルヰがシンを通してシャインの面影を見て感動して泣いていたのか、封印されたシャインの言葉が彼の耳に届いていて、どうしようもできないことに心を痛めているのかが不明なので、少し気になります。

そこからシャインの発言はとにかく不自然で、終始「りんねが自分を助けてくれる」と思い込んでいるように見えました。シャインがドクソ野郎で「出してさえもらえればこっちのものだ」と思っている可能性もあるのですが、真に迫りすぎていてそう見えない辺りがとにかく不気味です。

この時点では、実際にルヰが「もう一度シャインのショーを見たい」という理由でシャインの解放をギリギリまで進めるつもりでいることもあり、以降は結果としてシャインの思惑通りに話が進みます。

「あと少しで完全に復活できる!」
「僕が一番、プリズムの煌めきを放つことができるんだ!」

力の解放が進むに連れて「りんね」のことを口に出す機会が減って行き、自分の話をすることが増えて行きます。独善的な思考や彼の本性が少しずつ露わになっていくようで、その異常性もどんどん増して行きました。

「形式的な愛」を盲信する傾向

そして『キンプラ』での再封印騒動が訪れます。
以前に「りんね」に封印されたのと全く同じ展開に陥っていることに気付いたシャインは、「りんね」を説得しようと叫び声を上げました。しかしその声はルヰの心に届くことはなく、シンの首筋にはあの時と同じ封印の剣が突き立てられます。

「――どうしてだりんね!」
「どうして僕を闇から救い出したんだ! 何の為に!」

再び沈んでいく中で彼が投げかけた問いは「りんね」の一貫性のない行動への疑問でした。

「りんね」は自分のことが好きで、自分を救い出そうと宿主の前に現れた。そう思っていたし彼女はその考えの通り、自分を解放するための道筋を作ってくれた。彼女はやっぱり今も僕のことが好きなんだ。シャインはきっとこのように思っていたと考えています。

それなのに何故か「りんね」は、完全復活のギリギリ手前で自分を再び封印することを選んだ。彼女はそんなことするはずがない。じゃあ今までの彼女の行いは、一体何だったんだ。

しかしその理由は、封印の直前でルヰ本人の口から語られています。

「もう一度あなたのプリズムショーが見たかった…」

それを聞いていながら、シャインはその意図を汲み取ることができなかった。彼女の行動を理解できなかったのです。

これは彼が「愛の複雑さ」をまるで解していないことを示していると思われます。

10話のラストで彼は「ルヰがシンを想っている」ことには気付いているような発言をしているので、個人間の愛を理解していないのではないようです。それを踏まえると、彼は「愛」というものを形式的、画一的なものと捉えており、その範疇の外にある価値観を汲み取れない存在…と推測しています。

つまり典型的な"こじらせ野郎"であって「M型は利己的」と言っている彼こそが最も邪悪で独善的な存在です。仮に彼が自分のことを考えておらず、他人のことだけを考えている存在だとしても、愛の多様性を認められないのは、愛を知らないより厄介ですから。

裏切られたと感じた理由

その後PKCでルヰがシャインを解放し、大舞台でシンがより完全に近い形でシャインの力を発動してしまうことに。シンのショーの「オーバー・ザ・サンシャイン」と「ライジング・サンシャイン」にシャインの声が被さってしまうのが、シンのこれらのジャンプがシャインの力由来で発現したものであることの裏付けになっていて、とにかく辛い。

「りんね…ありがとう…」

ここまで「りんね」の気まぐれに振り回されながらも、シャインは決して彼女を責めるようなことを口にしません。まるでいつまでも彼女のことを心から想っているかのように、優しく彼女に声をかけようとするのです。包容力…と言えば聞こえは良いですが、何から何まで不気味です。

ですが、10話で彼女に向けた一言目は

「まさか君に裏切られるとはね」

でした。
これはシャインが封印された時から「本当はそう思っていた」と片付けることも可能です。しかし11話の流れを全て踏まえると、幽閉された空間で彼女への罵倒の1つも漏らさないどころか、表情にすら何も滲ませないのは明らかに不自然です。

ここからTwitterで見かけた考察を引用させて頂くのですが、ここでシャインの言う「裏切り」とは「ルヰがシンを愛していたと分かったこと」だったのではないでしょうか。個人的にこの解釈は物凄く腑に落ちました。

君が好きなのは僕じゃなかった。
今までの行動は全て僕のためじゃなかった。
僕はこんなになっても君のことを愛していたのに。
君は僕を裏切るんだね。

※イメージです。

この解釈だと10話のラストでりんねのフェザーを貫きながら言った「愛してる」に、違和感なく辿り着くことができます。そしてシンが「ありがとう…」と言いながら目覚めるのにも、りんねへの愛が隠されているとしたら、辻褄は合います。

シャインの持つりんねへの感情についてはまだまだ不確定要素が多く、全て憶測の域を出ない話ではあります。しかしながらこの2人の関係に隠された感情の動きは、今後の新展開で必ず大きな意味を持ってくると思います。1つの可能性として覚えておいて良いかもしれません。

スポンサーリンク

「1000年」の意味を考察してみた

1つおまけの考察をば。

10話ではシャインは幽閉されて以降「1000年の間スタァを見ていた」と語っていました。

ルヰが1000年という時間を持ち出すのは「復元された記憶が1000年分ある」という解釈が一応は成立します。しかし響ワタル=シャインであるとすると、彼があの世界で幽閉されている期間はせいぜい15年~20年といったところ。話の流れ的にシャインには別個体が存在しているように思えないため、発言の意味がよく分かりません。

仮説ですが、11話ではシンが生まれてからシャインの正式な宿主に決まるまでに数年のタイムラグが存在していました。そこからシャインは宿主候補選定という名目で並行世界を見ることが可能だったか、宿主を複数用意することができて、その中の1人がシンだったとすることで理屈上は筋を通すことが可能です。それにルヰが接触したのです。

「りんね」の封印が『RL』世界の中ではなくプリズムワールドに近い位相で為されていたのであれば、並行世界への干渉は可能なはずです。ただこの説に則ると最初のりんねとシャインが『RL』世界にいたこと自体が不確定になってしまいます。

結果としてあの世界の響ワタル=シャインが壮大なミスリードなんじゃないか…というところまで話がズレてしまうので、この話は一旦ここで区切ります。妄想です。しかし無限に仮説を立てられるアニメになってしまいましたね…。

次のページへ >

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ゲーム/アニメ/映画, 本/映画/その他娯楽
-, , , , ,

Copyright© HatsuLog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.