【語彙力を高める】気になった言葉をすぐに使う

      2016/07/10

語彙力を磨こうとして磨くのは難しい

自分の考えや気持ちを文章にしようと思った時、
恐らく全ての人に壁として立ちはだかるものがあります。

『語彙力』というやつです。

使える言葉が少なければ書けることも少ない。
考えたことを言葉にする適切な表現が見つからない。

本当によくある話だと思います。

そして字書きは決まって「自分には語彙力がないから」と言います。
最早謙遜の常套句のように使われているようなイメージ。

「そう思うなら勉強すれば良いのに」と思うでしょう!
そう!実際そうなんだけどやっぱ勉強って嫌いじゃん!?難しいんだこれが!

机に齧りついて、単語集や事例集を見て知識を増やす。学生時代に英語とかでやりましたね。

本当をのことを言えばこれがベストですが、語彙力トレーニングは学校の勉強と違い目標が曖昧です。
「これを覚えれば絶対次のテストに出る」みたいなものはありませんよね。

そういう環境で行う勉強ってだいたい身にならないもの。
だから語彙力を身につけるのって難しいんです。

なんか簡単な方法はないものか…。そう思う人も多いでしょう。

そんな皆さんのために!!
今回はそんな語彙力を身につけるための極めて簡単なトレーニング法?を紹介です!!レッツゴー!!

「自分は語彙力がない」と言わない

僕も自分の語彙力にさほど自信がある方ではありませんが、
極力自分のことを「語彙力がない」とは言わないようにしています。

「語彙力がない」と発信してしまうと、語彙力がない自分を認め、甘えてしまいます。
「自分は語彙力がない人間なんだ」と思ってしまい、新しいことを覚える気が落ちるのです。

「語彙力がある」とまで言う必要はないですが、ひとまず「ない」自分とは決別しましょう。

「気の持ちよう」というのは本当に大事で。
そんなこと?と思うかもしれません!でもレッツ実践!日々の積み重ねが地力を磨きます!

日常で「気になった言葉」を覚えておこう

そうすると語彙を身につけられる場面というのはそこら中に転がっています。

テレビを見る、本を読む、ラジオを聞く、人と喋る。
そんな一つ一つの場面で、初めて聞く言葉やどこかで聞いたけど忘れていた言葉に出会います。

そのうちの9割の言葉は忘れているし実際気にも留めていないものでしょう。

でもその中でわずかに心に引っかかる言葉があると思います。

是非その言葉を覚えておきましょう。
それが今アナタが一番求めている言葉である可能性は高いです!

kotoba

拾いものですが、こういうやつ見たことありませんか?
ちなみに僕は『気遣』と『精力』でした。やったぜ!!

……このような画像が定期的に出回るのを見かけたり(話はすぐに戻る)
他にも「本棚を見て最初に目に留まった本が今一番自分が読みたい本」と言われたりするように、
人間は今欲しているものが自然と目に留まる(気に留まる)ようになっていると言います。

言葉でも同じことが言えると思います。
気にして見ていると気になる言葉というのはちらほらあります。

そういう言葉を覚えておくことは大事です。何なら書き留めておくとより良い。

語彙集とかを読んでも必ずしも自分が使いたい言葉が見つかるとは限りません。
そもそも難しい言葉を覚えたところで、正しく使いこなせなければ意味がない。

だったらまずは「自分が気になった言葉」を大事にするのが良いと思います!

覚えた言葉はすぐに使う

そしてその言葉を覚えたらなるべくすぐに使います。
言葉は使わなければ当然定着しません。なので、覚えたら使います。

よく『覚えたての言葉を使いたいお年頃』とか言って揶揄されることもあり、
上手く使えもしない言葉をすぐに利用することに抵抗を覚える方もいるかもしれません。

でも何事も使って実践していかなきゃ上手くなるわけないですよ!
だからドンドン使えばいいんです!ドンドン!!

『「こいつ急に変な言葉使い出して…」とか思われたら嫌だなぁ』っていうネガティブ。
ありますよね。分かります。

だからこそ「気になる言葉」を大事にするんです。

確かにどこかで勉強した、誰かに教わった言葉は自分のイメージとかけ離れており、
周りにも妙な違和感を与えることがあるかもしれません。

しかし自分がどこかで拾ってきた言葉は、大抵自分の領域から大きく外れません。
精々一段上がったくらいのもので、無理な何段飛びとかそういうことはないはずです。
※ゲーム漫画アニメに感化されて厨二ワードを連発し始める場合は除く。

なので、積極的に使っても周りも何とも思いません。
そうやって積み重ねていけば、自分も気付かぬうちに高いレベルに昇華しているはずです。

まとめ

いかがだったでしょうか。
実際トレーニングというのもおこがましいような内容ですが、誰でも実践できることです。

今回書いて来たのは極めて時間がかかる内容かもしれません。効率的ではありません。
あくまでも「日常の意識」に終始しているからです。

色々なやり方があると思いますし、もちろん一番効率的なのはテキストを買って勉強すること。
知識を身につけるにはそれが一番手っ取り早く、確実です。

でもそれを運用するためのノウハウは簡単には身につきません。

英語も、学校の勉強によって読み書きができても、いざ英会話をするのは難しいですよね?
日本語だって一緒だと思います。やはり使って何ぼ、試して何ぼです。

急激な変化を求めない方が、健全な成長に繋がります。
焦らずゆっくり、自分のペースで地力をつけていくのも大事です。
そうすることで、語彙を勉強する時も、色々な言葉が頭にすんなり入りやすくなるはずです。

良い言葉を見つけたら、忘れないうちにすぐ使っていく!
さあ臆せず!まずはこの文章の中で見つけた「気になる言葉」を使ってみよう!!

是非やってみてくださいね!
お付き合いありがとうございました。また次回の記事でお会い致しましょう!

 - 文章の書き方 ,