ゲーム/アニメ/映画 本/映画/その他娯楽

『キンプリSSS』8話感想 全知全能…全てを超えた先でユウが見たもの

更新日:

最新作劇場版&TVアニメシリーズ
『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』公開記念!

『キンプリSSS』『スッスッス』の感想記事。
最速上映参加の勢いで1話ずつガッツリと。
(※3章は最速と初日連続で2回観ました)

8話は全知全能のゼウス涼野ユウ!

エデロ新入生組で唯一スピンオフ元の『レインボーライブ』から継続出演のユウくんが8話でついに登場!そのバックボーンの厚さを活かした活躍が期待される唯一のキャラクター!

『キンプラ』以降は女子勢も少しずつ顔を出すようになり、3話ではカヅキ絡みであんわかなが台詞ありでスポット登場したりと着実に出番を増やしている印象。このユウくん回では過去を踏まえた演出や展開が盛り込まれるのではないかと、期待半分恐さ半分で待っているエリート諸氏が多かったのではないでしょうか。

最も掘り下げのバリエーションが多いであろう彼は、今後の『キンプリ』の在り方を左右するキーマン的存在だと言っても過言ではなかったはず。ですが、ほとんどの方が納得して終わることができる展開にしっかり仕上がっていたと思います。

果たしてどのようなストーリーが展開されたのか…その全容を書かせて頂きたいと思います。

最強ロックスター!READY SPARKING!

スポンサーリンク

これまでの涼野ユウ

『レインボーライブ』のメインキャラ涼野いとの弟。お姉さん同様に作詞作曲センスに長け『キンプリ』キャラの楽曲の多くを手掛けるエーデルローズの音楽的支柱。

また登場キャラの中で最年少であり、同級生は1人もいません。今作『スッスッス』では14歳と『RL』当時のお姉さんと同じ年齢になりました。

『RL』ではある事件の影響で家族離れ離れに暮らしていた過去があり、ユウくんはお母さんと北海道で幼少期を過ごしました。紆余曲折を経て今は東京で一家揃って4人暮らしをしています。当時はどちらかと言うと引っ込み思案で自己主張の苦手な子でした。

またベルローズの蓮城寺べるの大ファンであり、これは『RL』の時点で既に描写されています。何かとべると一緒にいることが多く、深い関係性が噂されているヒロのことをライバル視しているなど、かなりガチ恋気味の憧れ感情を持っているのが特徴。

他にもお姉さんがコウジと恋仲にある関係でコウジとはエーデルローズに入る前から深い関係にあり、ヒロやカヅキともある程度の親交があったようですが、本編ではその関係が描写されたことはほとんどありません。

――と、他のキャラに比べると語るべき過去エピソードや設定の量が半端じゃなく多いのが涼野ユウくん。プリズムショーを始めたのも、元々プリズムショーが好きだったから、お姉さんがスタァだったから、べるに憧れているから、などかなり具体的に見えている理由が沢山あります。

エデロ生達だけでなく、オバレとも『RL』女子勢全員ともしっかりとした関係性を持っているなど他キャラより(作品的な意味で)環境に恵まれています。

しかしながらその背景設定が存在するが故に、キャラクター性が設定に完全に依存してしまっていたキャラでもあります。「涼野ユウ」という個人がストーリーで特別活躍したシーンはなく『キンプリ』内でもどこか特別枠のように扱われている節がありました。監督も「続投キャラだから勝手に人気が出ると思った」という目論見でいたことが明かされています(※出典不明のネット情報です)

今回は満を持して、彼個人の話が掘り下げられていくストーリー。彼を中心に『RL』と『キンプリ』のキャラは繋がっているとも言え、その複雑に張り巡らされた関係性をどう使って彼の話を掘り下げて行くかに多くのファンの想像と妄想が膨らんでいたことと思います。

そんなユウくんの担当回は我々の想像を超え、正に『KING OF PRISM』に相応しい1回になりました。それでは語って参りましょう。

0から1を生み出す者の孤独と苦悩

8話を語る上で外せないのは涼野ユウの苦悩の本質だと思っています。前半は「PRISM.1で使用する全ての楽曲を自分で書き下ろす」と宣言したユウくんと、それに気を遣うエーデルローズの面々が描かれています。

このシーン、一見するとユウが若さ故に自分のキャパシティを過信したにも関わらず、製作が上手く行かないことの責任を仲間達に押し付けているクソガキムーブに見えてしまうと思います。タイガが「お前が自分でやるって言ったんだろ!」と言いかけては仲間に制止されるというシーンが挟み込まれているように、ああいった感想を持つ鑑賞者も非常に多いと考えています。

ユウくんは人間として未熟だったのは確かであり、上記した内容が誤解かと言われるとそうではありません。けれど、他にも目を向けなければならないことがあるのがこの前半です。

この作品に登場するメインキャラは全て表現者であり、何かしら人を楽しませる努力をしている人達ばかりです。そこは共通した価値観があるのですが、この表現というジャンルは活動内容によって少しずつ優先すべき感情と、伴う苦痛の種類が違うという厄介な側面を持っています。

スタァ達が人前でエンターテイメントをする人達だとすると、今のユウはクリエイター。クリエイティブな問題はエンターテインメントの問題とは全く違うものなのです。

作詞作曲とは0から1を生み出す行為。
対してショーはその1を100にする行為です。

0から1を生み出す難しさや苦痛は、0から生み出す者にしか分からないもの。この作業は極めて孤独な戦いであり、自分ではどうすることもできないし、他人にどうにかしてもらうこともできないという状況が多々訪れます。

エーデルローズには0から1を生み出せる人間がユウとレオしかいません。『スッスッス』ではレオが衣装デザインをしている話が一切取り上げられなかったので、彼がどう立ち回っていたかは全くの未知であり、結果的にユウの気持ちを同じ立場から分かってくれる人が誰もいないかもしれないという状況になってしまっていました。

「僕達、曲のことなんて全然分からないし…」

このシンの台詞は、ユウの孤独な状況をより強く引き立てる役割を持っていました。

作詞作曲の心得を持つ者は確実にユウ1人。
他の者達は「信じて任せるしかない」という状態で、その分ひたすらにユウに負担をかけないように努めて気を遣っているという微妙な空気が流れる前半でした。

スポンサーリンク

クリエイターとエンターテイナーの認識差

このような状況は、実はスランプに陥っている(自分を100%信用できない)クリエイターにとって、かなり精神的に厳しい環境だと言えます。

仲間達は知識的に何も言えないから何も言っていないのですが、他人のために頑張っているクリエイターが直面する「何も言ってもらえない」ことの苦しみは想像を絶します。それが「何も言ってくれない」人達のためだったとしたら尚更のことなのです。

「なんで俺に丸投げなんだ!」
「意見くらいは言えるだろ!」

そう思ってしまうのは当たり前であり、その苦痛から逃れるために情緒不安定な当たり方をしてしまうのも自然です。「俺を助けてくれ」とSOSも出したくなります。彼は短気なクソガキだから皆に怒っていたわけではなく、1人孤独な戦いに挑み続けるクリエイターだからこそ苛立っていたのです。

もちろんこういった苦痛の正体を完全に理解して把握し、適切な助けを求めることができるように動くのが一流のクリエイターというものだと思いますし、身近に頼れる人(コウジやいと)がいるにも関わらず意固地になってそれを拒否し、仲間に当たることは決して褒められたことではありません。それは単純にユウの幼さから来る駄目な点です。

それにエンターテイナーである彼らに、クリエイティブな意見を要求して返ってくるかは実際のところ分からないのです。ユウは同じ表現者なら何か言えるだろと思ったかもしれませんが、エンターテイナーには本当に的外れなことしか言えない人もいます。

でも、エデロ生達のユウに対する気の遣い方がかなりズレていたのも事実で「自分で何とかするしかない人」への対応として、彼らの気遣いは赤点でした。「ユウを尊重しよう」「今はそっとしておこう」がベストではないこともある。そんなことより何か声をかけてほしい時もあるわけです。

これらはお互いがお互いの気持ちを「完全に理解できないからこそ起きてしまう」事故のようなもので、どっちが悪いとか誰が悪いという類いのものではありません。ですが、ああいう場面では絶対に一度は起きてしまうであろうリアルだと思います。

1つ言えるのは「お前が自分でやるって言ったんだろ!」というのは、ああいう時に言いたくても絶対に言ってはいけない言葉の1だということ(その後の関係性が破壊されるレベルの悪手)それを未然に止めてくれていた辺り、カケルら年長者組は本当に心からユウやタイガのことを考えて判断していたんだろうなぁというのが伝わってきて良かったです。

年齢差が解決の大きな鍵に

エデロ生達は接し方こそ間違えていましたが、ユウのことを助けたい、協力したいという気持ちは完全に本物でしたし、そうだったからこそこの8話はギリギリのラインで成立し、解決を迎えたお話だったと思います。

このエンターテイナーとクリエイターの価値観のすれ違いや軋轢のようなものは『RL』の頃から一貫して描かれているテーマであり、具体的に言うとヒロとコウジの行き違いは正にこれでした。

ヒロはエンターテイナーとしてコウジとコウジの音楽にとってのベストを考えて行動したものの、クリエイターとしてのコウジの気持ちは全く分かっていなかった。コウジはコウジでクリエイターの矜持が最優先で、エンターテイナーとしてのヒロの考えを推し量ることができなかった。だから致命的な仲違いをしてしまった、と僕は考えています(※一般的価値観で言えば当然100%ヒロが悪い)

ユウと仲間達の状況はこれに通ずるところがあり、もしかすると『RL』のヒロとコウジのように、全員がユウと同い年だったら取り返しのつかない大問題が起きていたかもしれない。皆が本心からユウの助けになりたいと思えていなかったら、終わっていたかもしれない。そんな末恐ろしさを全体から感じたのがこの8話です。

ネットの感想を見ていると、ユウの怒りの正体が腑に落ちていなかったり、前半はユウが完全にタダのクソガキだったと言っているような人達もかなりいらっしゃったように見えたので、実際はこのような「もの作りあるある」を主軸に置いた話ではないかという考察をまず書かせて頂きました。

互いを想い合える本当の仲間

前項を踏まえて中盤以降を見て行くと、彼らの頑張りが見えてきます。

ユウのために企画した合宿で、ユウの心配を他所にひたすら遊び呆けてしまう仲間達。その姿を見て、ユウの怒りは頂点に達します。

「俺はもう本当に知らないからな!!」

何も考えてくれていない仲間達を見捨て、1人高いところを目指して山を登ります。その先、広がった平地で独り物思いに耽ったユウは、寂しさからか見捨てた仲間達のことをつい思い出す。早く迎えに来てほしいと子供らしい感情を見せてきます。

そんな折に姉のいとからかかってきた一本の電話。このタイミングの良い電話はミナト辺りがコウジに連絡して、コウジからいとに連絡が行った…という感じでしょうか。

それにもひたすら強がりで返してしまうユウくん。何としてでも自分の力で作曲をやり遂げたい。もっと言えば、自分達の力で成し遂げたかったのかもしれません。自分達の前を行くスタァの身内に頼るのではなく、今いる仲間達と皆でステージを創り上げたいと思っていたのでしょう。そして姉に心配をかけまいとした優しい性格もあったはず。

でもその仲間達は、本当は全然自分に協力してくれていなかった。この時のユウはきっと本当にそう思ってしまっていました。

「俺には…できないのかな…」
「姉ちゃん達みたいな…同い年の仲間が…」

1人で落ち込むユウの目に映ったのは、星座になった『RL』のキャラクター達。欲しいと願って届かない存在への羨望が彼の心を苦しめます。

そんな彼を目覚めさせたのは、エーデルローズの仲間達の輝きでした。同い年ではないけれど、自分のそばにいてくれる大好きな人達。そんな彼らのことを思い浮かべながらユウは歌います。

この時に流れた楽しい合宿風景の映像は、妄想や願望ではなく回想だったと僕は思っています。エデロ生達は合宿中もユウに負担をかけまいと努めて普段通りの彼らを維持しながら、その実、気を張ったユウがリラックスして楽しめるように導いてあげていたのだと思います。

それは前記した通り、気の遣い方としてはあまり良いものではありません。そういう時だからこそ、彼らはユウに直接的に寄り添って話を聞いてあげるべきでした。それがズレていたからこそ、ユウは怒って去って行ってしまったし、彼らはその「良かれと思った失敗」に悩んだのです。

ユウの怒りを知り、過去を知り、あんなにきつく当たられてもユウのことを本気で考えていた彼らは、そこに来てついに「ユウのSOS」や本当に言いたかったことを理解します。そしてそこで自分達が本当にすべきだったことに辿り着くことができました。本当に、本当に仲間想いの優しい少年達でした。

ユウは独り歌を生み出し歌うことで、彼らが自分に向けてくれていた優しさの存在を初めて実感していました。何もしてくれていないと思っていた仲間達は、本当にすごく沢山の気持ちを自分に届けてくれていた。それを受け取っていなかったのは自分の方だったと気付いたはずです。

「自分にも仲間はいたんだ」
自分を探しに来てくれた仲間達を見てユウは大きく泣き喚きます。

やっと皆の前で泣けました。弱いところや苦しんでいるところを見せて、受け入れてもらったこの瞬間に、初めてユウにとってエデロ生のことを年齢を超えた仲間だと認識できたのでしょう。あれくらいの歳の子供にとって、1つ2つの年齢の違いは本当に大きく感じるものですから。

だからこそあのシーンをユウの願望が見せた幻想であるというように解釈するのは、物寂しい感じがしてしまいます。僕は8話は彼らが自分達だけで苦悩して解決に辿り着いた話だと思っていますし、そこに辿り着くのには彼らの「実際にユウに向けた優しさ」が絶対に必要だったと思うからです。

(Q.風呂は流石に辻褄が合わないのでは?
A.風呂は別の日に入っていたんだと思う)

もちろんこれは僕がクリエイティブな側面に注視した解釈をしているからで、ユウ回は人によって受け取り方が変わるような創りになっていると思います。ですから年齢や『RL』からの繋がりから考えていくと、もしかしたら全く違った解釈も出てくるかもしれません。これも1つの解釈としてお楽しみ下さい。

余談ですが皆が「どうしたんだ?」「大丈夫か?」と声をかける中、1人だけ「独りにしてごめんな」と言えるミナトさんマジでママ。毎回1ヶ所は株を上げる台詞がある気がする。

迷いを吹っ切り、曲を完成させたユウはいよいよPRISM.1のステージに立ちます。今度はクリエイターではなく、スタァとして輝きます!

スポンサーリンク

『キンプリ』と『RL』を結んだ糸

プリズムショーの前に全体の話を少しだけ。

ユウ回はゲストキャラ0人という点から予想された『RL』のキャラの登場は一切なく、それどころかオバレすら登場せず、結果的に『スッスッス』で唯一のエデロ生しか登場しないシナリオになっていました(※ラストカットは除く)

どういう形でもキャラを絡ませられる回だったのに、「あえて」としか言いようがないストーリー構成で攻めてきました。ユウくんといとちゃんの電話も、別にいとちゃんの声を付けることはできただろうに、それをしない選択を取ってきました。

これは「この作品は『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』なんだ」という製作側の強いメッセージが込められた創りであると言え、今後の『キンプリ』という作品の在り方をしっかり決定付けてくれたと思います。男の子達の物語はまだまだ続きます。

その中で登場したユウくんのこの台詞

「パパとママによろしく」
「……ばいばーい」

これは本当に見事でした。
このいとちゃんに向けた「ばいばい」は明らかに作品間の決別を意識して書かれたものだったと思います。それなのに、この台詞をあの柔らかい言い方で演じてもらったというのが本当に素晴らしかった。

内田雄馬さんの芝居によって、あの瞬間の涼野ユウは、紛れもなく『RL』に登場した涼野ユウ本人になっていました。『キンプリ』という作品の在り方を明確に決定付ける展開だったにも関わらず、そこには明らかに『RL』のキャラクターとして立つ彼がいたのです。

言わば『キンプリ』と『RL』は別作品であるということを明示しながらも、涼野ユウという存在によって「結」ばれているということを一瞬で分からせる演出。何てにくいことができるんだろうと思わずにはいられませんでした。

8話をこのスタンスでまとめてくれたのは、『キンプリ』からこの世界に入った身としては大変喜ばしいものであったし、本当にグッと来ました。しかし「女の子達が登場するのも見たかった…」という気持ちがないと言ったら嘘になります。期待はしていました。

いつかこの結びつきが形となり、全てのキャラが活躍する『レインボーライブ』が見れる日を願って、もっと応援して行こうと思いました。闘いましょう!諦めなければきっと夢は叶います!俺達はここでそう学んだんですから!

全知全能 全てを超えたその先の輝き

ユウのプリズムショーはゴリゴリの厨二衣装に身を包んだところからスタート。背中には十字架(クロス)を背負い、姉へのリスペクトを忘れない。衣装が物理的に浮いているのはもう今更突っ込んだら駄目なんだろうな。

劇中ではあんなにシャレオツバラードを歌い上げていたのに同じメロディラインを使ってゴリゴリのロックに仕上げてくる辺り、心境は変化してもキャラクターはブレてないぜ。ゼウス降臨!!

たった1人で立つステージで堂々と決めるユウ。そんな彼が呼び寄せたかのように中空から舞い飛んでくるのは煌めくギター!

ファンはきっと何度も夢に見たであろう、既視感のあるポーズでそれを掴み取りユウは高らかに叫びます!

「プリズムラーイブ!!」

この瞬間を待っていた。そう思っている人がどれだけ沢山いたことか。やるだろうやるだろうと思っていても、実際やってくれた時の感動はやっぱり格別なものでした。

プリズムライブはペアともの力がないとできませんが、今回のユウのライブはギターが物理的なアイテムではなく煌めきで象られていたことから、ユウ個人のサービス演出のようなものだったのではないか(※現に補助による連続ジャンプを跳ばなかった)というのが個人的所見です。

彩瀬なるの得意としたギターによるプリズムライブ…ロックスターのユウならではの激しい魅せプレイでそれをアレンジ!

即座にギターをスティックに持ち替え、圧巻のドラムプレイ!福原あんのプリズムライブを自分に寄せて!

こうなったら最後はもちろんキーボード!自らの姉 涼野いとをリスペクトした速弾きで会場(劇場)を湧かせます!

「ユウがプリズムライブをするなら、どんな楽器を使うんだろう?」そんな妄想を膨らませた我々の目の前に体現されたのは、想像を超えた3連続演奏でした。

北海道で家族と離れ離れになっていた時、自分を支えてくれたプリズムショー。大好きな姉が所属していた大好きなハッピーレイン3人のプリズムライブをブーストにして、ユウは飛びます!プリズムジャンプは心の飛躍!

邪神ゼウス♂と化し、オッドアイでリアル厨二ソウルを爆発させたユウは空を翔ける!

憧れる女王が立つ山の頂を超え…

欲した幸せの雨が降る空を超え…

目指した虹の先の楽園を超え…

星座に刻まれたスタァ達を超えて…

辿り着いたのは彼らだけの新しい場所

「まだ見ぬ星座に名を与えよう…」

7つの輝く星はエーデルローズの仲間達。憧れでも心の支えでも目標でもない、自分だけが手に入れた新しい仲間達の星を、ユウは「結」びます。

「その名はエーデルローズ
Shiny Seven Stars!」

ここでお前が…こんな形で…

-Septentrion-!!」

タイトルを…北斗七星を回収するのか…。

あまりにも全ての想像を超えた盛り込みまくり完全燃焼演出に、どれだけの人が涙を流したのか想像もつきません。ですが、彼はやり遂げた。『プリティーリズム・レインボーライブ』と『KING OF PRISM』を完璧な形で結んでくれました。

女の子達をあえて登場させずにエデロ生7人だけの物語を紡いだ上で、プリズムショーで彼女達とOver The Rainbowの存在をしっかりと演出する。プリズムショーという飛び道具に全振りすることができるこの作品だからこそできた、圧倒的な展開と演出だったと思います。

得点は、全体で見ても決して高い数字が出ませんでした。それは男子プリズムショーにまだプリズムライブを加点対象にする仕組みがなかったせいかもしれないし、連続ジャンプを跳べなかったからかもしれません。でも、彼は彼にしかできない最高のジャンプで魅せてくれましたね。

「見たか!俺にも最高の仲間がいるぞ!」

ユウを見守っていたのは、オバレを含む『RL』に登場したキャラクター達。全員が彼のお兄ちゃんお姉ちゃん的存在で、皆にとってユウは特別な存在です(ところでいとちゃんさん美しすぎませんか…)

けれど最も近くで彼のショーの成功を喜んでくれたのは、PRISM.1に共に挑んだエーデルローズの仲間達「Shiny Seven Stars」の面々です。横に連なった、一直線に繋がった仲間達はより近くにいたのです。

「みーんな俺より年上だけどなッ!」

その時のユウくんの顔は今までよりずっと清々しい笑顔に見えました。お前が全知全能のゼウスだ。

スポンサーリンク

おわりに

9話がアレク回、10話11話のルヰ回シン回がストーリーの根幹に触れる話が展開されることを考えると、この8話は事実上エーデルローズ生達の総括として位置付けられた回であったと思います。

その回に涼野ユウくんを持ってきてくれたことはやはり嬉しかったですし、その話が全てのキャラクターにとって完璧なラストを迎えてくれるものであったこと、本当に感動という他ありません。ありがとう菱田監督本当にありがとう…。

ユウ回は前半で書いた通り、クリエイティブな苦悩やそれを軸にした関係性を主題に置いた話なため、0から1を生み出すということを全くしない人や、好きで得意なものについてスランプに陥るような過酷な状況に身を置いたことがない人の中には、ユウの情緒不安定な態度を上手く解釈できない人もいると思います(※私的解釈です)

結構、複雑で面倒臭い話だと思うのです。友情や親愛と言った要素で構成された話にしてはまっすぐではないですし、表現という世界の歪さがリアルに反映された「分かる人向けの構成」であったことは否めません。

表現が社会的に特別におかしな世界という線引きをしたいわけではありませんが、この話が表現の世界の「一般的ではない部分」を感覚的にフィーチャーしているのは確かです。どんな世界にでもある「当事者しか分からないこと」を描いたものではないでしょうか。

今回は元々『RL』を見ていないと100%は理解できない内容なので、主題も『RL』のヒロコウジを彷彿とさせる葛藤をモチーフにして、少し人を選ぶ方向で振り切った話を描いてみたのではないかという印象です。

僕は3年前『キンプリ』を見て一番興味が湧いた設定がヒロコウジから見えたクリエイターとエンターテイナーのわだかまりであり、この作品を追いかける大きな1つのキッカケになった部分でした。

ユウ回はそういう部分をエデロ生達を中心にして改めて描いてくれたものだと思っており、すごく楽しめました。この感想が、1人でも多くの人にその解釈の楽しみに気付いてもらえるものになっていたら幸いです。ユウはただのクソガキだったんじゃないんです…。

そしてその難しい話やモヤッとした部分を上書きして行くように創られた、プリズムショーからラストまでの怒涛の展開。「プリズムショーが熱かったら細かいところは何とかなる」「ハートで感じろ」というまとめ方ができるのはシリーズ全体の強みです。ユウ回は特にそれが色濃く表れた1話でした。

8話が終わり暗転した後、劇場中からすすり泣く声と嗚咽が一斉に聞こえてきたあの一瞬を僕は決して忘れないと思います。

素晴らしい一体感。劇場中の人達が、ユウくんを応援していて『KING OF PRISM』が好きなんだということが本当によく伝わってくる時間でした。こんなに愛されている作品、そうはありませんよ。

3章は「最高の『KING OF PRISM』」というまとまりを見せた75分だったと思います。7話8話は本当に素晴らしい流れでしたね。

そして残すは9話、俺達の大和アレクサンダー。『キンプリ』を語る上で最早欠かすことのできない男の登場です。彼が3章のトリをどう語ってくれるかは次の記事で。よろしくお願いします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ゲーム/アニメ/映画, 本/映画/その他娯楽
-, , , ,

Copyright© HatsuLog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.