ゲーム/アニメ/映画 本/映画/その他娯楽

『キンプリSSS』7話感想 なりたい自分に……西園寺レオの苦悩と選択!

更新日:

最新作劇場版&TVアニメシリーズ
『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』公開記念!

『キンプリSSS』『スッスッス』の感想記事。
最速上映参加の勢いで1話ずつガッツリと。
(※3章は最速と初日連続で2回観ました)

7話は心の花を咲かせましょう 西園寺レオ!

男の娘キャラとして突き抜けたキャラメイクで、異彩を放つレオくんの担当回。声優さんの声帯が極まっていることもあり、初見時は何かとインパクトが強いキャラの1人だったと思います。

しかしながら『キンプラ』までではそのキャラ性に依った色付け的な立ち回りが主。西園寺レオという個人を知ることができる描写はとても少なく、テンプレ的なステータスを与えられた故に、パーソナリティは最も薄いキャラクターだったと言っても過言ではありませんでした。

だからこそ、彼がどのように掘り下げられて行くのかは本作の大きな見所の1つとも言えたでしょう。

3章のトップバッターを飾るという意味でも重要な第7話。可愛らしい彼を通してプリティーシリーズ全体の魅力を感じさせてくれたこの話を、語らせて頂きます。

ガンバります!テンションMAX!リラックス!

スポンサーリンク

これまでの西園寺レオ

ピンク髪の妹系男の娘キャラ。
エーデルローズ唯一の中学3年生(『スッスッス』現在)で、主人公の一条シン君より年下の内の1人。同学年のキャラクターが1人もいないという設定です。

いつかは男らしくなりたいという想いを胸に秘めながらも、歌舞伎界のプリンセスであるユキノジョウを「麗しい」ことから絶大に慕っていたり、普段の言動や服装、行動全てを通して「可愛い」の比率が圧倒的に高かったり、一人称が「私」だったりと、目的とキャラ性に大きな自己矛盾が散見されるキャラでした。

『キンプリ』でのシン君のショー以降、彼にベタ惚れしているかのような描写も見受けられ、この辺りの理由や設定についても仔細は全く分からないという状態。総じてジェンダーなどに関わるナイーブな話題が多く、幾ら大人向け作品とは言え(だからこそ?)気軽に安直な断定ができない難しさがありました。

そういった部分にレオくん自身が自分で気付いているのか、いないのか。解決しようとする気があるのか、ないのか。解決するならどのような選択を取るべきだと思っているのかなど、パーソナリティが断定されないが故に多くの可能性と危険性を孕んでいたレオくんだったと思います。

『プリティーリズムシリーズ』の後継作である『プリパラシリーズ』に登場する某キャラに容姿や設定が似通っていることも特徴で、今作は家族を登場させることでよりその色を強く出してきた印象(※『プリパラ』については僕自身がまだ完全に語れる立場にないので、今回の記事ではサラッと触れる程度に留めさせて頂きます。ご容赦をお願いします)

そのキャラ性故に何でもできる、何でも言える。
だからこそ何を見せてくれるのか未知数でもある。

「西園寺レオ」というキャラとしてはもちろん『キンプリ』という創作物としても、その選択が様々なテーマ性に影響する彼の物語。

その全容は、彼らしい吹っ切りが詰まった話となりました。

「なりたい自分に、プリズムジャンプ!」

女装ネタゴリ押し コミカル色強めのシナリオ

華京院学園のミスコンテストに皆で女装で出場しよう!

という『キンプリ』らしいスタートダッシュをキメてくれた第7話。

裏話やボイスドラマなどを除くと、本編では謎のカットのみでほとんどスルーされてきた謎のオバレ女装シーンが初めて詳細に語られることになったのがこの7話。割と有名な話なので多くの人が「女装の真実とカヅキの優勝」を知っていると思いますが、実は話としては本編では初出(3話でカヅキの優勝については一瞬触れられている)

「FREEDOM」をフリーダムに流しながら、なんか可愛らしい動きで謎の主張をするカヅキパイセン。ズボシッ!?後輩に優勝させることで、自分の存在をかき消してもらおうという姑息な作戦を断行しようとするその姿は流石ストリートのカリスマ。女性絡み(?)になると急にロクなことができなくなる。

第7話は他と比べて全体的に作画の雰囲気が可愛らしく、キャラの動きにも子供っぽさが出ていたこともあり、実質女児アニメという感じだったと思います。キンプリは女児アニメです。

「皆頑張って。知らない扉を開けてみることで、新たな世界に辿り着けることもあるよ」

色々な業を背負ったせいで真顔で喋り出すだけで既に面白い神浜コウジと基本ヘラヘラしているだけの速水ヒロもセットで登場。久々に3人揃ったオバレのトークが見れた気がしましたね。女装の中に細かくキチい小ネタを挟んできたり、ミナトとタイガで遊んでいる辺り青葉譲の匂い。

カケル「これならチャンユキかレオきゅんのどっちか、優勝できるんじゃない?」
ミナト「え?」
ユウ「あぁ?」

何故か張り合い出す神浜の息のかかった者達。短い時間でミナトのキャラクターがかなり迷子になった気がする。イメージ的にはこういう時に主張して行くタイプではなかったと思うので、やはり6話を経験したことによる心情の変化などが反映されているのでしょうか。

そもそも華京院で開催されるのは「ミスター&ミス スーパーコンテスト」なので、明らかに優秀な者以外は普通の格好で出場した方が連覇の可能性が高いのでは?と思わないこともないですが、後半の客層を見るに実質的に女性か女装での出場がノーマルになっているのでしょうね。

一方シュワルツローズでは

そうそうたるメンバーが名を連ねる中、シュワルツローズにもミスコンの話は届きます。今作、細かいところからファッションぶりっこであることが分かっていたTHE シャッフルのツルギが参戦。いよいよその本性が露呈し始めます。

ツルギはフェミニン系としてレオに対抗意識を燃やしているように感じられ、だんだん出来もしない方向性(過剰な裏声など)に傾倒してしまっているように見えます。ひとえに可愛い系と言っても様々な在り方があるし、女の子に寄せていくことだけが正解ではないと思うのですが、身近に実質女子とも言うべき異彩を放つレオがいることが彼の心に焦りを生んでいるのかもしれません。

そういう意味でツルギは「自分らしくある」という7話のテーマからズレた行動を取ってしまっているとも言え、彼はまだまだ形式的な要素でしか自分を見れていないということでしょう。その結果が今回のミスコンの成績には表れていると言えます。

彼が『プリパラ』における計算で作られたアイドルのみれぃの衣装を模しているというのにもメッセージ性を感じます。「自分に合う」といった価値観まで計算されていれば、あの衣装で最高に輝くことはできるだろうに、似合わなければどれだけ計算高く準備しても意味がない。そういうことではないかと。

ストリート系絡みの話題として、アレクにもミスコンの報は届いています。ストリート系絡みの話なので。

カヅキの後を追いかけるタイガがストリートのカリスマをリスペクトする形でこのミスコンに出場したのに対し、アレクは衣装を着て会場まで足を運ぶことまではしたものの、結局出場するという選択を取りませんでした。これはアレクの目指すストリート系の在り方がカヅキやタイガと比べてどうなのか…という話にも繋がっている部分だと思います。

出場したタイガと出場しなかったアレク。ストリート系の熱い戦いは、こういった女装辛みの話にまで深く発展していたわけですね。彼らの隣りにはいつだってバーニングな戦いがある。思想や理想だって、彼らの窺い知らないところで自然と戦っているのかもしれない。やっぱり『キンプリ』は深いなぁ(棒読み)

女装ネタを全面的に押し出しながら、応援向きでコミカルな明るい話を展開してくれたので、シナリオの筋だけ見て行けば笑いながら軽快に楽しむことができる話だったかと思います。

しかし、その中で語られたレオのキャラクター性はやはり一筋縄では行きません。彼の過去の葛藤や今も立ち向かっている現実は、大きな困難が付きまとっているものでした。

スポンサーリンク

レオの求める"男らしさ"の正体

女装の最中に訪問した西園寺家の2人のお姉様。
きらりとゆらりに対しレオは自分の可愛らしい姿を見せまいとし、タイガの制服を着てオラついた姿で出迎えます。「姉貴お待たせ……!」

この時に思ったのは「レオくんの中に一般的な"男らしい"という概念は存在しているんだ」ということ。

アプリのプリズムラッシュライブでは(熱心にやっていないので初期の話ですが)男らしいものを誤認して語っているような描写があり、そもそも彼の中の価値観がズレているのではないかと思わされることが多々ありました。

この点について『スッスッス』では男らしさを姉妹の前で瞬時に偽装することができていたことから、少なくとも自分の普段の姿が、男の子として一般的なものではないという自覚があるということが分かりました。

これが断定されたことで「男らしくありたい」という目標自体が、彼にとって自分の在り方を否定するものになってしまうもの(そうと分かって掲げている)なため、この7話は先にかなり厳しい話が待ち受けていることが想像できるようになっていました。これが視聴者の心構えを作るためのクッションとして意図的に用意されたシーンだったとしたら、受け手の感受性を信じた極めて高度な創りだったと言えます。

姉達はそのレオの姿を見て安心し、自分達がレオの元を訪れた理由を彼に告げます。

それは、夢を諦めて実家に帰ろうと思っているというもの。西園寺家は北海道の出身ですが、夢を追いかける2人の姉に追従する形でレオは3人揃って上京。近くに姉妹が住んでくれているという安心感は、レオがエーデルローズで生活する上での心の支えになっていました。

彼女達が自分の近くからいなくなってしまうプレッシャーから、レオも北海道に戻るかエーデルローズに残るかを悩み始めてしまいます。

ユウ「もう家族と一緒じゃなきゃって歳でもないだろ」
ミナト「涼野、お前だって家族と離れて暮らす寂しさは知ってるだろ」
ユウ「そうだけど…」
タイガ「例え一緒に住んでなくても、近くに親戚がいてくれるってのは安心するもんだ」

「継ぐ者」でおなじみの「気持ちが分かる」人達による会話。今回は上京組の2人による故郷の恋しさが表現されています。そしてシリーズファン+初見さん向けに8話ユウくんの存在を混ぜておくことも忘れない。お上手でした。

しかしレオには他の面々とは違い、特に姉妹の存在に固執したくなってしまうような理由がありました。それが分かっていたから、姉妹もレオの元を訪れたのです。

それは彼が姉達に普段の自分を隠した――男らしい自分を見せようとしたこととも繋がった、彼の過去にまつわる理由がありました。

イジメを受けた過去の傷跡

地元北海道でクリエイター職に就く両親と2人の姉、ファンシーな実家に囲まれて過ごしたレオくんは、その名前の方向性とは裏腹に、自身を男の子だと思わないほどに「可愛い」を求める男の子に成長することになりました。

優しい家族、好きなものに囲まれて過ごす毎日。
彼の何不自由ない生活を終わらせたのは、学校の友人達からのイジメでした。

男子からは、いつも女子と一緒にいる「女子みたいな男子」であったレオは、周りの成長と共に忌諱の目で見られるようになり、逆に女子からはいつも男子と一緒にいる「男子みたいな女子」として仲間外れにされるようになりました。

自分と違う存在、普通ではないものの存在を知覚できるようになった小学生というのは本当に残酷で、そういった存在を「異端」として排除することを正義だと思い込んでしまうところがあります。

これは感情や価値観の成長と共に芽生えてしまう当たり前のものであり、恐らく無くすことは適いません。特に性の価値観はこういった問題に発展しやすく、レオのような存在は格好の得物となってしまいます。

現にそのような悩みを抱えている人がリアルに存在する問題なだけに、ここにド正面から斬り込んだ話を提示することは、シナリオに深みを持たせることにこそなれ、非常に扱いが難しい方向に舵を切ったとも言え、クリエイティビティに富んだ勇気ある裁量だったと考えます。

劇場版ではイジメに利用されたツールが匿名掲示板風の学校裏サイト風のもので、表示される字幕がニコニコ動画のコメント機能を彷彿とさせる流れ方をしていました。一方TVオンエア版では、これが映像がLINE風のメッセージアプリのようなものに挿し代わり、字幕の表示もYoutubeのような固定表示のものに切り替わりました。

劇場に足を運ぶ世代とテレビアニメを楽しむ世代の差を考えて映像変更をしたのだと思われますが、これはつまりあくまでもイジメの現場を正確に伝えることを重要視していたということでしょう。でなければこの部分にこだわる理由がありません。

それは逆に言えば、辛い経験を持つ視聴者のトラウマを明確に想起させてしまうリスクを孕んでいます。それでもこのようなイジメが如何に陰湿で残酷で凄惨なものであるかを感じ取って心に刻んでほしいし、この話はそれを踏まえた上で救いをもたらすものとして創った。そんな製作陣の想いが伝わってくるようです。

「女は自分のできぬことができる女を妬み、男は自分がしたいことをする男を嫉むものだ」

ユキノジョウのこの台詞は、どんな年齢になっても通じる真理ではあるものの、今回に至っては少し難しすぎる話だったのでは…という気も。レオを責めたのは、そこまで完成された感情ではないからです。それだけユキ様が若くして"性"の本質に気付かされる立場にいる…ということでもありますが。

そしてここから姉達が「レオが女の子っぽくなってしまったのは自分達のせいである」と、自責の念に駆られるエピソードが抜粋されています。そう思える彼女達は本当に優しいお姉さんですし、心からレオのことを考えて泣いたものと思います。

しかしその姉達の姿を見たレオが、さらに自分を責め続けてしまったことも想像に難くありません。お姉様達を悲しませたくない、その一心で男らしくなろうと無理を始めたことが、彼を最も不幸なところまで追いつめる結果を生んでしまったのです。

さらに親から強く勇ましい獅子のような子になるようにと想いを込めて名付けられた「レオ」という名前も、この時は彼を苦しめる呪いとなっていたことでしょう。だから彼は自分の名前の由来をまず最初に皆に語ったのではないかと思います。

良かれと思って始めたことや言ったことが、巡り巡ってより悪い結果に繋がってしまうことが実際の人生ではあまりにもよく起こります。それが人間関係の本質ではあるものの、エンタメ物語ではそうならないことの方が多いように思います。

ここまで人の善意が悪い方向に動くよう練り込まれた作品も珍しく、あまりにも痛烈な展開です。これを視聴者が受け入れてくれると信じた上で創っている辺りが、非常に『KING OF PRISM』らしい力強さだと思います。

スポンサーリンク

救いとなったプリズムショーとの出会い

そんなレオを勇気付けていた唯一のものが、家で見るプリズムショーでした。

最初に映像として飛び込んできたのが小鳥遊おとはのショーだったというのが、シリーズファンからすると本当に救いになったのではないでしょうか。

『レインボーライブ』では誰よりも人のために身を粉にして頑張ったおとは。周りを支えることを何よりも考え実行し、作品を支え続けた彼女は「女の子だって王子様になれるんです!」と言ったキャラクターでもあります。

そういった過去作の情報を考えると、レオが彼女を通して勇気を貰っていたということの説得力がより強まるというもの。チョイスも完璧です。

姉達の上京を機に共に上京し、彼女達からの誘いと薦めを受けてエーデルローズへ入学するチャンスを得たレオ。明るく語られてはいたものの、これも姉達が「レオのことを何とかしてあげたい」と自責の念に駆られ続けていたから起こした行動であるとも取れますね。

どこまでいっても優しいお姉さん達。だからこそ彼にとって…イジメられて引き篭もっていた過去を持つ彼にとって、「身近に姉がいる」ということの重要性は他のキャラの比ではなかったのです。

今までは善意が全てが裏目に走り、家族の中で苦しめ合う連鎖を起こしてしまっていた西園寺家。今回ももしかしたらそうなってしまうかもしれないリスクはあったはず。ですが、今回はそうなりませんでした。

レオがエーデルローズで今の仲間達と出会ったからです。めげずに家族が「レオのために」と行動し続けたことが、最も良い結果を最後に呼び寄せた。諦めなければ、きっと夢は叶います!

最初に後の仲間達の前で挨拶した時、きっと「自分はここでも受け入れられないんじゃないか」という不安が100%だったに違いありません。そんな時に年長者のカケルから真先にかけられた「可愛いよ」という言葉で得られた安堵、「認められた」という想いは如何ほどのものだったでしょうか。

だからタイガに「俺はお前のことめんこいと思ってねぇからな」とツンデレっぽく言われた時にも過剰に落ち込んでしまったんですよね。ああいうギャグっぽいやり取りにはなっていたものの「自分のことを誰にも否定されない」あの時間は、レオにとって半端じゃなく重要な関係性を得られた瞬間だったはずです。

エーデルローズに在籍しているメンバーは全員がマイペースで変わっていて「自分がおかしい」なんて思う必要がないほどに個性的な人達でした。レオが今まで出会ってきた人達と全然違った雰囲気の人達ばかりだったのかもしれません。

そうだからこそレオは、自分を臆面なく出して素の自分で皆と接することができるようになりました。エーデルローズで過ごす時間は全てが楽しかったし、全てが輝いていたことでしょう。衣装をデザインするという自分の才能を活かす場まで与えられて、彼にとって今までの人生が嘘だったかのような日々が待っていたんですから。

そのエーデルローズが無くなってしまうかもしれない危機を救ったシン君にベタ惚れしてしまうのも無理はありません。それが人間愛から来るものか、恋愛感情から来るものかは現時点では分からないところではありますが、自分の最も大切な場所を救ってくれた人に絶大な愛を向けてしまうのは当たり前のことですよね。

姉達が北海道に帰ってしまう。
自分も一緒に帰ってもいい。

姉が離れて行ってしまう事実は、心の支えをゴッソリ失ってしまうことに他なりません。でも、エーデルローズはもう彼にとってなくてはならない自分の居場所であり、「自分らしく」いさせてくれる新たな心の拠り所になっていた。

考え抜いた彼は北海道の実家に姉達と共に戻り、家族全員に自分の覚悟を告げます。

「今度のステージ、観に来てほしいんだ」

なりたい自分にプリズムジャンプ!

PRISM.1(華京院学園ミスコン)に出場するレオが身にまとうのは、可愛い衣装ではなく緑のスタイリッシュなカッコイイ衣装。普段のレオくんのイメージからしても、あまり見られない「男らしい」スタイルでした。

それはどこか蕾のようでもあり、芋虫(蛹)のようでもあり…。この時点で、多くの鑑賞者が彼のしたいことを理解していたのではないでしょうか。

今までのマイソングやアプリ『プリララ』の歌では前向きでポップな歌を歌うことが多かったレオくんですが、今回の曲は内に秘めた想いを解放する方向性。彼の意志の強さが至るところに見られるプリズムショーの出だしだったと思います!

笑顔いっぱいで軽快な振り付け、ウィンクも交えた誰かに気持ちを届けるためのプリズムショー。スタァとして「レオがしたいこと」が沢山詰まっているのがその動きや表情からもしっかり伝わってきます。

そしてお待ちかねの「プリズムチェーンジ!」
(プリズムチェンジは『プリパラ』のオマージュとも言えますし、『プリララ』における覚醒要素が「プリズムチェンジ」とされていることから、アプリオマージュと取ることもできます)

カッコイイ衣装から可愛いらしい衣装にフォルムチェンジ!剣をハートのステッキに持ち替え、蕾は開き大輪の花を咲かせ、幼虫は羽化し羽ばたく蝶となった。

可愛いという方向性ながらも、今まで決してスカートを履かず「男の娘」というキャラクターを維持した衣装をまとっていたレオくんが、初めてスカートを履いた瞬間!男の子だってスカートを履ける!女の子と同じ格好をしたっていい!

花開いたのはレオ自身だけでなく、ショーを取り巻く背景も!七色の花が咲き乱れ煌めきの花びらが舞い飛ぶ、幸せに満ち溢れた光景が我々の眼前いっぱいに拡がって行きます。

「私は可愛いものが大好き!」

男らしい自分を目指していたけれど、自分にもう嘘はつきたくない!自分は自分にしかできない生き方がある!

「私は私らしく生きていきたい!」

彼の本心から出た叫びはそのままプリズムジャンプ演出に!ステッキから大きなプリズムの煌めきを生み出し、ピンクのサイリウムを一面のお花畑に変えました。

「心の花を咲かせましょう!あなた色の花を!」

彼が口から紡いだ言葉は『KING OF PRISM』だけでなく『プリティーシリーズ』全体に脈々と受け継がれる根源的なテーマでした。女の子としての側面を持つ彼だから、歴代受け継がれてきたテーマを『キンプリ』にまで繋いでくれる架け橋になれた。それができるのは西園寺レオただ1人!

ここに至るまで、レオくんはどれだけの苦悩を経験したことでしょう。

男らしくないからイジメられたと女らしい自分を否定して、自分の好きを覆い隠して、無理をして違う自分を作ろうと苦しんだ。どうしてもその理想に近づけない自分を責めて、変わろうとしても変われない自分を恨めしく思っていたのかもしれません。

「皆と違うことを恐れないで!小さくても良い、綺麗な色じゃなくても良い!」

でも彼はエーデルローズに来て、仲間に出会って、シンや先輩の姿を見て、自分が本当に自分らしくあるべきだということに気付くことができました。困難を乗り越えて、迷いを吹っ切って、本当の自分を認めることができました。

そんな彼の口から出た数々の言葉。そして『オーロラドリーム』で銘打たれた「なりたい自分にプリズムジャンプ!」というこの『プリティーリズム』の原点とも言える台詞。心打たれないわけがありません。

「私、あなたのことが大好き!」

彼が最後に口にしたのは特別なものでもない、どこにでもある普通の一言でした。しかしここまで様々な困難に遭遇してしまったレオだからこそ、自分から誰かに「好き」を伝えるハードルもとても高いと思うのです。彼はそれを見事乗り越えて最高の笑顔を我々に向けてくれました。これをただ可愛いで片づけてしまうのはもったいないというもの。

これは1人の男としての価値観ですが、本当の「男らしさ」とは「自分の信じたものにまっすぐ立ち向かう勇気を持つこと」だと思います。それを体現したプリズムジャンプが彼の「マイトランスフォーム・ライオンハートフラワー」でした。

だからこのプリズムショーをしているレオくんを見て、僕は本当に心から「お前カッコいいなぁ…」と思いましたし、可愛い姿で可愛いショーをしていても彼は他のエデロ生達と同じく、1人の男の子として輝けていたと感じています。

なので最後に2人のお姉さんが

「カッコいい―!」
「可愛いー!」

と言ったのにはグッと来てしまいましたね。本当にどっちもだったから。

プリズムジャンプは心の飛躍。
今回も誰にも真似できないレオだけの「カッコ可愛い」プリズムショーを見せてもらえました。家族に守られてばかりだったレオが、今度は家族を導く存在に。迷い弱かった西園寺レオとの決別を表した最高のショーでした。

スポンサーリンク

おわりに

非常に難しい切り口に挑みながらも、1話分という短い尺でしっかりまとめ上げられていたのがこの7話。

あまり暗い話に落ちて行かないようにコミカルな配慮が為されながら、それでいてレオの過去や葛藤を軽んじない絶妙な調整で組まれていて、非常に良質なストーリーに仕上がっていたのではないでしょうか。熱い物語とは違った緻密な1話に着地していましたね。

ちなみにレオは北海道でイジメに遭っていたので北海道が嫌いになったわけではない。地元のことも大好きだしイジメていた同級生達とも和解する場が存在しているはずと、監督が舞台挨拶で明言されていたので、こちらにも書き込んでおきますね。

こういったお話創りのバランス感覚はやはり、製作陣が女児向けアニメという非常に不安定な土壌をベースにした作品のプロだから持てているものなのかもしれません。

辛すぎると見てもらえないし、軽くしすぎると面白くない。そして伝えたいテーマを決して疎かにしてはいけない。そういったポイントの押さえ方を熟知し、技術に昇華しているからこそ短い尺で全てを過不足なく伝え切ることができている。

これは『キンプリシリーズ』に総じて言える素晴らしい点ですが、より情緒的なテーマを取り扱ったこの『スッスッス』の7話では、飛び抜けて優れた形で組み上げられていたのではないかと思います。

レオくんも今回の話で1つの結論に行き着いたキャラになります。ここからどのような新しい彼らしさを体現してくれるのか、先が見てみたくなってしまいます。今回は描かれなかった彼の衣装づくりに対するこだわりやそういった部分の葛藤、皆をどのように分析して創作に当たっているかなど是非見てみたいですね。

西園寺レオというキャラをより愛すことができる素晴らしい7話でした。『スッスッス』後半戦、まだまだ楽しんで参りましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ゲーム/アニメ/映画, 本/映画/その他娯楽
-, , , , ,

Copyright© HatsuLog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.