ゲーム/アニメ/映画 本/映画/その他娯楽

『キンプリSSS』2話感想 ユキノジョウ覚悟のプリズムショーに感涙必至

更新日:

『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』公開記念!

『キンプリSSS』『スッスッス』の感想記事。
最速上映参加の勢いで1話ずつガッツリと。

第1話プロローグは正に『キンプリ』を体現したビックリ映像アニメでした。第2話からはいよいよキャラクターに焦点を当てた本編が始まります。

2話は国立屋七代目 ユキ様こと太刀花ユキノジョウ!

歌舞伎界のプリンスでありながらエーデルローズのプリズムスタァという二足の草鞋を履く彼。前作『キンプラ』でも厳格な父親(CV:山寺宏一)との間の確執を覗かせるシーンがあり、その関係性が伏線となっていたキャラでした。

そのため新作で最もどんな話が展開されるか分かりやすく、「見たい」と思っていた方が多かったキャラでもあると思います。

作品としてもキャラクターとしても『キンプリSSS』で初めてのプリズムショーを見せてくれたユキ様。蓋を開けてみればそこにはあまりにも素晴らしいプリズムの煌めきがありました。

ネタバレ有でしたためさせて頂きます。いざ...参る!

スポンサーリンク

OPと1話構成について

2話なのでOPと序盤の構成について軽く触れさせて頂きます。

まずOP。曲もシリーズ的に最高の布陣であることはもちろん、映像演出についても原初のオリジナル作である『プリティーリズム レインボーライブ』のOPをオマージュしている部分が随所に見受けられました。1話の演出なども含め、この作品の正統なプリティーリズムシリーズの系譜を踏む作品であるという意思を感じられます。

アニメの内容としては、いきなり「PRISM.1」のステージに立つところからアニメはスタート。まず大会に立っていることを前提に、そこに至るまでのストーリーを描くというスタイル。

プリズムショーはあくまで大会で行われたものを流すという時系列のクロスオーバーを行うことで、1クールという時間でしっかりキャラと大会を描き切る手法。この辺りの上手さは流石『KING OF PRISM』を1時間でまとめ上げた監督であると思いました。

初見さん達からすれば1話のようなビックリ映像を大会の間にひたすら流し続けるアニメと思ったかもしれませんね。でも実際に展開されるアニメはそんな勢いだけのものではなく、緻密かつ精巧なものであるのでした。是非この2話から、濃密なキャラ解釈の沼を楽しんでほしい。

これまでの太刀花ユキノジョウ

今までの太刀花ユキノジョウというキャラクターは設定こそ分かりやすいものでしたが、それ故に実際の彼の人間性には謎が多いところがありました。

そもそもプリズムショーを始めた本当の理由は何なのか、本当はプリズムショーと歌舞伎どちらが好きなのか、歌舞伎の道へ進まなければならない血の宿命を本心ではどう思っているのか、親とはどのような関係なのか、PKCに本当は出場したかったのか、などなど…。

建前や表面的な設定では図り切れない「本当の気持ち」が見え隠れするところが非常に多く、彼がどのようなキャラとして着地するのかは『キンプリSSS』の大きな醍醐味になるであろうことは容易に想像できるものでした。

そして信頼の坪田文脚本で描かれたユキノジョウの人生は、我々の想像通り期待を超えてくれたかと思います。過去作の伏線を余すくことなく使って描き切った葛藤とそれを克服する彼の真なる強さ、最後に展開される覚悟のプリズムショーの美しさに心を打たれすぎてしまった方は多いことでしょう。

彼の見せてくれた新作最初の3Dによるプリズムジャンプは、あらゆる意味で我々の度肝を抜いて行きました。本当に素晴らしかった。劇場で嗚咽が出そうになるくらい号泣してしまった。

スポンサーリンク

 シリーズ伝統の洗礼 ユキノジョウ挫折と克服の物語

ではここで物語の内容をフィーチャーして行きます。

まずはPKCの出場について。
『キンプラ』までの情報だけで見れば、彼は親の指示によって大会に出ることを断念し、シンに譲ったという見方をしていた方が多かったと思います。しかし実際はそれを建前にし「中途半端な状態でステージに立つことから逃げた」というのが彼の本心でした。

自分自身や周りの人間と向き合い切れない弱さから来る迷いが払拭できず、彼を何からも脱却できない袋小路に押し込んでしまったのでしょう。話の流れ的に実力は当時新入生組の中ではNo.1だったのだとは思うのですが、心はきっと誰よりも弱っていたのだと思います。

プリズムジャンプは心の飛躍、良いジャンプを飛ぶには挫折と克服が必要です。シリーズで脈々と受け継がれてきたこのシリーズ伝統の洗礼を彼は今作で正に受けるのでした。

それに気付かせてくれたのは、同級生組であるカケルとミナトでした。同い年であるという共通点はもちろん、この3人は「継ぐべきものがある」という点で一致していたところもあり、ユキノジョウの気持ちをより深く理解できる立場にあったというのも説得力がありました。風呂場のトークは良いシーンでした。

今作は「毎週入浴する」というのがテーマっぽい気がするのですが、ちゃんと風呂である必要性を突き詰めてくれているのが良いですね。男性視点で言うと「風呂に入りながら真面目な話をする」という経験は割と本当にあるものなんです。裸の付き合いと言う言葉があるくらいですからね。

風呂場で感情を露わにするシーンのユキ様は、「やっと本当の姿を見られた」という感じがしてなかなか響くものがありました。美しいシーンだったと思います。心の話です。尻の話ではないです。尻の主張が激しい。

あと本当に家族が好きで、歌舞伎が好きで、プリズムショーも好きというのがよく分かってとてもとても良かったです。どれも強制されているわけではなく、自分自身で決めた使命を全うしようとしている姿を見られたのが良かった。強い自分を目指しすぎて弱くなっていたユキノジョウが、それを乗り越えていく姿には感動しかない。

丁寧かつスタイリッシュに紐解かれていく太刀花ユキノジョウというキャラクターの心根。全てを乗り越えた先で魅せてくれるプリズムショーに期待は高まるばかりでありました。

歪んだ家庭環境だからこそ許された生き方

プリズムショーを語る前に親の話もさせてください。

業が深すぎて「マジか」以外の言葉を失う家庭事情でしたが、その過剰に重たい家庭事情もプリティーリズムから続く魅力。大人向け作品として創られたおかげでその辺りはさらに深まったと言えるのではないでしょうか。

まず国立屋の血統だったのはお母様で、お父様は歌舞伎の家の出ではなかったのに菊右衛門を襲名していたというのがヤバかったですね。正当な血統ではないからこそ、自分の一存で跡取りの処遇を決めるわけにはいかない。その強い使命感から、息子にきつく当たってしまうのも理解できます。

キンプラでお父様が口に出した「私がお前くらいの歳の頃は……」という毒親テンプレート台詞の解釈すら変わってしまった。あれだけ報われない中歌舞伎を突き詰めた人間です、必死の必死で稽古に臨んでいたに違いないのだから。

血が流れているのに"女性"というだけでその責任を負う資格を与えられなかった母 節子と、身に余る光栄を"情け"で受けたと思わずにはいられなかった父 菊右衛門。その両親のコンプレックスが息子であるユキノジョウを頑なに縛り付けてしまっていたのかもしれません。

菊右衛門は血の継承者ではないからこそ、自分の一存で歌舞伎以外を優先することを許すことはできなかったのでしょうが、血を持つ節子からの懇願を受けてユキノジョウの「PRISM.1」出場を許可します。けれどその節子は、正当な立場の継承者として菊右衛門を最大限立てる生き方を選択している。

歪みに歪み切った関係性ですが、きっとそんな「(歴史的観点から見れば)正統ではない者」が両親だったからこそ、彼は幼少期にあれほど深い愛を受けることができたのだろうし、プリズムショーという現代のエンターテインメントに傾倒することも許されたのだろうと感じます。

良くもあり悪くもある話です。けれどその全てが太刀花ユキノジョウという1人の人間を確立させるに至ったのは事実。それは最後のプリズムショーを見れば、全て納得させられてしまうと言わざるを得ません。

余談ですが、幼少期のユキノジョウの両親の動きとデザインは『レインボーライブ』における森園わかなの両親に酷似している印象を受けました。心なしか声優さんの芝居も寄っていた気がします。

森園家は厳格→柔和の流れだったのに対し、国立屋はその真逆。キャラクター的な関連性は一切ありませんし特別な意味はないと思いますが、シリーズを通して見ている人に伝わる対比として入れ込まれた遊び心だったのかもしれません。

スポンサーリンク

彼だけができる国立屋プリズムジャンプ十八番

全てを乗り越え始まるプリズムショー。
序盤の見栄切りをもう一度流して時系列的な「帰ってきた」感を演出。ストーリーの語りに関しても、必要な部分は『キンプラ』の映像を回想として用いるなど、深い話でありながら初見の分かりやすさも忘れていない緻密な構成だったと思います。シンとユキ様の稽古シーンでちゃんと一瞬バトルを流したのも良かったですね。

いやもうこのプリズムショーがとにかく素晴らしかった。2億回観たい。

1話の時点で「TVシリーズとしての見やすさを意識しているところはある」と思いましたが、プリズムショー演出については「劇場で過去作を超える体験ができる映像」を意識して創られていると思いました。

結果的にTVアニメとして見られる映像としては、相当レベルの高い3Dに仕上がっているのではないかと思います。劇場×TVシリーズという攻めた展開でしたが、だからこそ「劇場版クオリティ」をお茶の間で楽しめちゃうということ。

スプラッシュやスパライルと言った過去作ルーツを感じさせる技をしっかり取り入れながら、見たことがない勢いの映像を展開。特に「国立屋スパイラル」をDNAの上で走らせるという発想で来たのには脱帽でした。

初見さんからすれば「笑いどころでは?」と思われるかもしれないが、スライダーやスパイラル系のジャンプをどう見せるかはシリーズ通しての重要ポイントでもあり、ちゃんとシリーズのテイストを感じさせながら使い回しではない演出を揃えてくるのに「本気」を感じずにはいられないのです。

そして全てのプリズムジャンプが歌舞伎とプリズムショーを複合した、本当に彼にしかできない全く新しいプリズムジャンプであったこと。国立屋を最大限にリスペクトした、全てに立ち向かい、乗り越え、本気になれたユキノジョウの心の煌めきが真に形になったショーでした。やべ、書いてて泣けてきた。

さらに、跳ぶと思っていなかった4連続ジャンプも成功。我々の心をガッツリ掴みました。男性プリズムスタァとしては歴史上3人目となる4連続ジャンプの成功です。

作品観的にこのシリーズにおける4連続ジャンプ(※ペアとものサポートを受けない)は「他の誰でもない自分自身を勝ち取った者」だけが跳べるものだと思っています。全てを乗り越え「これが最後のプリズムショーだ」という覚悟を持って、自分ができる最高のショーを体現したユキノジョウは、正しく4連続ジャンプを飛ぶのにふさわしいプリズムスタァでした。

ショー演出もさることながら、初お披露目となった曲のカッコ良さ、歌詞に滲み出た決意表明、声優さんの鬼気迫る演技、見えると思っていなかった4連続ジャンプと、展開含む全ての要素が完璧に絡み合ったプリズムショーであったと思います。シリーズ通して過去最高に良かったと思った人も少なくないのでは?

初見さんにとっては、歌舞伎の見栄切りと特徴的な顔面芸を前面に押し出す映像演出は笑いどころにもなると思われ(あまり茶化すものではないかもしれませんが…)感動と笑いが同時に押し寄せてきてキャパオーバーになる『キンプリ』の世界を存分に楽しんでもらえる内容だったと思います。

理解がない親をプリズムの煌めきで納得させる展開も『プリティーリズム』より続く伝統的な手法。ファン垂涎の"お約束"まで回収し、総合的に見てパーフェクト。

1話2話の時点で既に求めていた『キンプリ』はここにあった。
あと10話もあるなんて信じられねぇという気持ちでした。

スポンサーリンク

おわりに

1話が理想的な『KING OF PRISM』だとしたら
2話は理想的な『プリティーリズムシリーズ』

1話のマジキチ展開で惹きつけられた人を、2話のシリアス展開でガッツリと固めていく。正にTVシリーズ初視聴の方々に向けた「忙しい人向け」のスタイリッシュな構成です。

ユキノジョウは過去作で投げられた伏線の数やキャラクターの人気度が高いのはもちろんのこと、声優の斉藤壮馬さんも新入生組の中でも知名度的にトップクラスであり、声優目当てでアニメを視聴する方を惹きつけるにも活躍できる、今作のヒットの柱となるであろう重要度の高いキャラクターでした。

故に新規層の定着について大きなポイントとなるこの2話にユキノジョウを持ってきたのは間違いない選択であったし、信頼のスタッフによってストーリーの重厚さも十全でした。脇を支える声優陣も大御所レベルの方を惜しみなく使用し、全く余念のないクオリティに仕上げられていたと思います。

ストーリーとしても実力を考えても「PRISM,1」のトップバッターに彼を持ってくるという采配は納得できる。結果的にPKCの一条シンの記録を上回るスコア。こういうところをしっかり押さえてくるのもグッドでしたね。色々鑑みると2話は彼に任せるしかなかったと言えるでしょう。

映画的なことを言えば、タイガ回が柔らかめの印象の話になっていたため、ユキ様の後に続けて見るのに気持ちの切り替えが大変だったというのはありましたが(笑)TVアニメの話数で言えばベスト。続きの3話の安心感まで含めて良い味出ていたなと。

このユキ様のプリズムショーを何度でも見るために、何度でも映画館に行きたい。そう思わせられる2話でした。俺は泣いた。本当に泣いた。あまりにカッコ良かった。

でも応援上映で茶化すのは…難易度高いよな…。
その楽しみは3話に引き継いでもらいましょう。

祭りは俺の中にある。
3話の感想も是非よろしくお願いします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

あわせて読みたい

1

最新作『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』の劇場公開が3/2(土)に迫っており、2年ぶりに話題となっている『キンプリ』。最近は同通称の某アイドルグループが人気ですが、 ...

2

『キンプリSSS』『スッスッス』の略称でおなじみ。 『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』 絶賛公開中!! 何かとネットで話題を呼ぶ『キンプリシリーズ』ですが、何と言っ ...

3

祝!『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』公開! 前作から約1年9ヶ月。 3/2(土)より満を持して公開された『キンプリ』最新作です! 僕も早速見て参りました。 おさら ...

4

2019年3月。 俳優/ミュージシャン等のピエール瀧さんがコカインの使用により逮捕され、大きな話題を呼んでいます。 活躍の幅が広かったピエール瀧さんの逮捕による影響は計り知れません。出演ドラマやアニメ ...

5

結婚式シリーズもこれで10記事目。 1段落ということで、最後に感想記事を書いてみようと思います。 最近は金銭効率的に無駄扱いされることも多い結婚式。 実際やってみて思うことを赤裸々に書いて行きます。 ...

-ゲーム/アニメ/映画, 本/映画/その他娯楽
-, , , ,

Copyright© HatsuLog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.