前十字靭帯断裂物語 生活の知恵

【前十字靭帯断裂物語④】靭帯の断裂と損傷が複合すると治療に時間がかかってしまいます!

更新日:

嫁がひょんなことから膝の前十字靭帯を断裂し、急に不自由な生活を強いられることになってしまった夫婦の話。

第4回はケガの複合についてより詳しく書いて行きます。

スポーツなどの失敗で膝の靭帯を断裂する場合は、周辺部位や靭帯についても何らかの損傷が複合しやすいというのは1回目の記事で紹介した通りです。

【前十字靭帯断裂物語①】様々なケガが複合することで治りが遅くなるケガなんです…!

2018年9月にそれは起きた。 嫁が趣味のバレーボールで足を痛めて帰ってきたのだ。 病院での診断名は膝の「前十字靭帯の断裂」 とその周辺の副産物的なケガ。 靭帯…。スポーツ選手のケガのニュースでよく見 ...

続きを見る

よほど酷い状況でなければ、1本靭帯が切れてしまった場合の他の靭帯は損傷、つまり「切れてはいないが傷んでいる」という状態に落ち着くと思われます。

しかし実はこの「断裂」と「損傷」が複合するという状況、非常に厄介なものでした。今回ケガを(嫁が)経験することで初めてそれを知ることができました。

何故そうなってしまうのか。
この記事ではその事実についてまとめました。

スポンサーリンク

「断裂」は可能な範囲で早期にリハビリ

今回、嫁が切った靭帯は前十字靭帯と呼ばれる、膝の大腿骨(上の骨)と脛骨(下の骨)を前面で繋いでいる靭帯です。この靭帯は血の巡りが非常に悪いところにあり、断裂した場合に自然治癒する可能性はほぼないと言われています。

再建手術をして新しい靭帯をあてがわない限りは、残念ながら元の状態に戻ることはありません。

しかしながら前十字靭帯は「無くても生活できる」靭帯です。
ケガを快癒させるだけさせて、手術をしないまま日常生活を送っている方もいるそうです。その場合、ふとしたことで膝崩れが起きやすいので激しい運動は非推奨ですし、その他の部位に負担がかかりすぎてしまうことで歳不相応に膝関節の動きが悪くなる可能性があるなど、デメリットはかなり大きいようです。

つまり前十字靭帯は、

切れたものは元に戻らない。
なくても歩行できる。

という2点の理由から、痛みが残っていても可能な範囲でどんどん歩行練習(リハビリ)を行うのが望ましいとされています。痛みが引いている=ケガが治ってきているということになるためです。

前十字靭帯のみを断裂しその他の部位が一切損傷していない場合は、2ヶ月程度で生活に復帰できるとされており、骨折などに比べても早い状態で「靭帯がない状態でのベスト」を取り戻すことができるのです。

「損傷」は完治してからのリハビリ

一方で損傷している靭帯については自然回復が望めるため、保存療法が取られます。

損傷した靭帯はできるだけ動かさずに治癒を待つのが好ましいとされています。無理に動かすと完治が遅くなるばかりでなく、同じ靭帯に伸び癖がつく(再度傷めやすくなる)などの問題が生じることがあります。

骨折などを含む「自然治癒するケガ」はその部分をできるだけ固定して元に戻るのを待つのが最も効果的な治療になります。仰々しく書いていますが、要するに「普通のケガ」です。

靭帯も損傷の程度によってどの程度の期間動かさない方が良いのかがまちまちです。そしてこちらは一般的には痛みが無くなった段階からリハビリを開始するのが望ましいとされています。

スポンサーリンク

「断裂」と「損傷」の治療法の矛盾

靭帯の「断裂」と「損傷」について書いて参りましたが、ここでこの2つを比べてみます。

「断裂」は、動かせるのなら早い内からどんどん動かした方が良い。
「損傷」は、痛みが完全に無くなるまで動かさない方が良い。

並べて見ると分かりやすいと思いますが、この2つの治療法は完全に矛盾しています。

つまり「断裂」と「損傷」が同時期で同ヶ所に複合すると、互いの治療法が互いの治療法を阻害するという状態に陥ってしまうのです。

しかも膝の損傷が広範囲に渡って複合すればするほど、正確に「膝のどこが痛いか」を判断することは難しくなります。その判断は本人にしかできませんし、本人は漫然と「膝が痛い」と感じることしかできない場合がほとんどと思われます。嫁がそうでした。

こうなると、損傷した靭帯が痛んでいるので動かさない方が良いのか、損傷は治っていて断裂した靭帯が痛んでいるだけなのでどんどん動かした方が良いのかが全く分からなくなり、リハビリも迷走しがちです。本人が痛みに弱いタイプだと最早周りにはどうしようもありません。嫁がそうでした。

結果的に目安2ヶ月程度で快癒するはずだった靭帯断裂の痛みが、3ヶ月経っても治まっていないということも大いにあり得ます。嫁がそうでした。

うちの嫁は2ヶ月で治る(※ネット情報)はずなのに3ヶ月経っても万全ではないことを大層気に病んでおりましたが、どう考えても原因はこれです。僕自身、これ関連で嫁のメンタルケアにかなり労力を割かれたので、かなり印象的な情報として頭に残っています。

仮に靭帯断裂(複合)を経験して、この記事を読んでいる方がいらっしゃいましたら、この事実を頭に留めて「時間がかかるのは仕方がない」くらいの気持ちでリハビリに臨んでくださると良いなと思っています。

まとめ

断裂した靭帯は痛みがあるうちからリハビリ。
損傷した靭帯は痛みが引いてからリハビリ。
断裂と損傷が同部位で複合すると治療法が食い違う。
どうしても時間がかかってしまうので、焦らずケガの兼ね合いを見て正しい治療を。

という内容の記事でした。

前十字靭帯の断裂は1年スパンという物凄く長い時間をかけて治療して行くものです。その道のりは長く険しいものであると思います。この記事を執筆している段階でも、嫁は手術後まだ満足に歩行ができない状態です。

長いケガだからこそ、一刻も早く元の生活に戻りたいという気持ちが溢れ出してくるのは仕方がありませんが、それで焦ると余計悪化して治りが遅くなってしまう可能性もあります。

メンタル面では周りの人間が結構大変な思いをします。励ましたりとか慰めたりとか嗜めたりとか、これはこれで結構大変です。本人の苦しみがそれで少しでも和らぐなら安いものではありますが、大変は大変です。

そういう時こそ落ち着いて冷静に見極めて、できる治療を確実に行っていくしかないようです。「ちょっとくらい早く治ると良いね」という話を嫁とも散々しましたが、そんな甘いことはありませんでした。

大変ですが急がば回れ。
周りの人達と支え合って、この大ケガを乗り越えて行きましょう。

この記事がその一助となりましたら幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

あわせて読みたい

1

最新作『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』の劇場公開が3/2(土)に迫っており、2年ぶりに話題となっている『キンプリ』。最近は同通称の某アイドルグループが人気ですが、 ...

2

『キンプリSSS』『スッスッス』の略称でおなじみ。 『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』 絶賛公開中!! 何かとネットで話題を呼ぶ『キンプリシリーズ』ですが、何と言っ ...

3

祝!『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』公開! 前作から約1年9ヶ月。 3/2(土)より満を持して公開された『キンプリ』最新作です! 僕も早速見て参りました。 おさら ...

4

2019年3月。 俳優/ミュージシャン等のピエール瀧さんがコカインの使用により逮捕され、大きな話題を呼んでいます。 活躍の幅が広かったピエール瀧さんの逮捕による影響は計り知れません。出演ドラマやアニメ ...

5

結婚式シリーズもこれで10記事目。 1段落ということで、最後に感想記事を書いてみようと思います。 最近は金銭効率的に無駄扱いされることも多い結婚式。 実際やってみて思うことを赤裸々に書いて行きます。 ...

-前十字靭帯断裂物語, 生活の知恵
-

Copyright© HatsuLog , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.