ニュース考察 表現活動

文章を上達させるたった1つの方法!人に見せることを意識しよう!

更新日:

僕は自分の書いた文章は積極的に公開していくべきだと思っています。全てが全てではないですが、少なくとも気持ちや考えを書いたのなら、それは外に出していくべきです。

それが時につたない文章であったり、何が言いたいのか自分でもよく分からなくても良いと思います。もちろん、それを見た人の中には書き手を馬鹿にしたりする人もいます。それを恐いとか恥ずかしいと思うことも多いでしょう。

でも大半の人はわざわざアナタの文章を悪く言ったりしません。心の中に留めておくだけです。「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」という言葉もあるように、何か言う人は元々アナタのことを良く思ってないでしょう。そんなのは無視です無視。

これらの話を踏まえ、今回の記事をお楽しみください。「人に見せる」ということをどれほど大きなメリットをもたらすのか、です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

自分の文章を「見せる意識」を持つ

だいたい仲良い人に「お前文章下手クソなのに何してんの?」とか普通言わないと思いません?「最近なんか書いてるよね」くらいで話のタネになることはあるかもしれません。ポジティブ!内容が【極めて邪悪】とかなら「こんな奴だとは思わなかった」ということはあると思いますので注意しましょう。

だから積極的に文章は公開していきましょう。見せる意識を持って文章を書きます。程なくすると周りに「文章を書いてるイメージ」が定着します。

そうなったら勝ちです。ウィナーウィンナー!好きなことをドンドン書いていく自分を作っていこうぜ!

公開することで自分の考えが固まる

誰かに見せるというのは本当に大事なことです。これは文章に限ったことではありませんが、文章では特に大事です。

まず文章に書き出すことは「自分の頭の中を整理する力」があります。

頭の中がグチャグチャした時に、とりあえず思い付いたことを書き出してみるという経験は誰しもあるのではないでしょうか?これだけでも「自分ってこんな風に考えてたんだ」って思うことあると思うんです。そこで初めて自分で自分に納得し、それを自分の「本当の考え」と認識します。

これだけでも大変な進歩なのですが、まだ自己完結の域。
では、もう一歩踏み出す努力をしてみませんか?

他人に文章を公開することは「自分はこう考えている」という意思表示です。それはつまり「自分の考えを他人に伝えてしまう」ということです。意図せず周りに嫌われる、根に持たれるということも考えられます。

これを撤回するのはとても大変なことです。自分以外の人を変えないといけませんから。口は災いの元なんてことわざもあるように、発言には責任も伴います。面倒臭いことも多いです。第三者機関に精査されて怒られるかもしれんし。

裏を返せば「他人に言っていないことは簡単に撤回できる」ということ。自分の意見を覆すような大事件が起きて「本当のこと言わないでおいて良かった」と思わされることは誰しも必ずあるはず。人の考えなんていうのは、その場しのぎで簡単に180度違ったものにすることができてしまうのです。

自分だけが『本当の考え』だと思った事なんて簡単にひっくり返ります。明日には変わって、明後日には戻っているかもしれません。例えば夕方にカレー食いたいと思っててもその夜ラーメン食ってることあるだろう。人間なんて実際そんなもんだ。

でもそのままでは良い文章を書けるようにはならない。まとまった考えを持っていない人は、アウトプットできる内容の質もあまり良いとは言えず、それを外に発信する能力も行き当たりばったりなものになってしまうと言えます。

そういう意味でも、まず自分の考えを固めてしまう必要がある。自分の考えを固めるためには文章を書いて残す必要がある。それを続けていれば、自分の考えも確固たるものになり、文章を書く力もおのずと上がって行くわけです。

ブロガーにも、ブログを書き始めるまでまともに文章なんか書いたことはなかったが…という人が結構いて、その多くが2年程度の運営で物凄く分かりやすい記事を書かれていたりします。本気で人に見せることを考えることは、文章力を確実に引き上げる道筋となってくれます。

外からどう見えるのか考えながら書く能力を鍛える

公開するとは、悪い言い方をすれば「他人に縛られる」環境を作ることとも言えます。最初はそれが窮屈に感じるかもしれません。でもそれこそ気持ちを言葉にするためには重要です。

それは「これは本当に公開して問題ないだろうか」という考えも育まれるようになるからです。自分の考えを自分ではない立場になって考える姿勢。「第三者の視点」です。

公開を考えることによって、自分とは違う自分が見えてきます。だんだんそれが自然に見えるようになって、一歩進んだ考え方ができるようになる。

これによって「書きたいことをどう書くべきか」考える能力が鍛わります。文章を公開することでアナタに訪れる最初の変革です。

何かを書かないといけない、話さないといけない場面、人生に何度もあります。その時に自分を誤解されるような、思いと違う内容しか言葉にできなかったら悲しいですよね。できるだけ正確に伝えたい。自信を持って発信したい。そう思ってもすぐにはなかなか難しいものです。

普段から自分の考えを公開する意識があれば、そういう対応力も一緒に磨かれます。元々他人に見せている内容を語るのなら、気持ちはグッと楽になるはずです。

自分の考えに自信を持たせるためにも、文章はどんどん公開していきましょう!

SNS文化が発展した今はそれが極めて簡単にできる時代です。有効に活用しましょう。でもツイッターとかで長文連投してるとたまに「お前見辛い」とか言われてリムーブされて悲しいから気を付けような(経験談)

見せる意識を持つことは更なる考え方の飛躍を生み出します!まだまだあります!

が!それは大分長くなってきたので次の記事でご紹介します。「見せる意識」がもたらす次なる可能性!是非お楽しみに!

次記事→文章は人に見せて初めて完成する その2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

1

さて、仕事を辞め、物書きとして生きるチャレンジを始めた僕なのですが。 そもそも物書きで生きると言っても色々あるわけです。 例えばネットライティングの仕事。 こちらはクラウドソーシングなどで探せば(報酬 ...

2

ヤバい人だらけなんですよ。いや本当に。 観光地で周りを見渡したら視界に絶対1人はいます。 しかも警察に一切取り締まる気がないのでほぼ野放しです。 警察は暴動とか大騒ぎが起きて初めて動くようで、こういっ ...

3

28歳から料理に挑戦して1年半、一応そこそこ食えるものが作れるようになってきたという頃合いの僕なのですが。もう何よりいつも考えるのは、ご飯を作ることより食洗機の購入ですね。 食洗機欲しい!持ってないけ ...

4

結婚式シリーズもこれで10記事目。 1段落ということで、最後に感想記事を書いてみようと思います。 最近は金銭効率的に無駄扱いされることも多い結婚式。 実際やってみて思うことを赤裸々に書いて行きます。 ...

-ニュース考察, 表現活動
-

Copyright© HatsuLog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.