生活の知恵 結婚式実録シリーズ

【体験談】結婚式でこだわって良かった5つのもの!自分だけの結婚式を挙げる方法!

更新日:

結婚式実録シリーズも第9弾です。
今回は僕達が結婚式でやって良かったことを総まとめ。

実際1日過ごしてみて、周りからの感想を聞いて、あぁこれは成功だったなということを5つの項目でご紹介!

自分達だけが満足するだけでなく、周りを満足させてこそ得られる楽しみや喜びもある。実際に挙式した経験者だからこそ実感していることを含めて書いて参ります。

結婚式でこだわりたいところはあるけど、ありすぎてどこを優先すべきか分からない。
という時の参考の1つにして頂ければ幸いです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1.料理を可能な限り良いものにした

参列して頂いてる方にとって最も印象に残りやすいのが披露宴の食事です。

特に僕らの親世代だと「結婚式の料理は見た目の割に美味しくない」という価値観が一般的。期待も特にしていないということも多いそうですね。そういう先入観を打ち破るために式場側も努力してるとは思いますが…。

だからこそ料理が美味しいと「料理が良かった」と言ってもらえる可能性は高く、参列者の満足度も高いです。

自分達が主役の結婚式ですが、祝いに来てくれている人達が気持ちよく帰ってくれて初めて大成功だと思います。そのために1番確実な方法が、料理のクオリティを底上げしておくことです。

料理はグレードアップ金額×人数分お金がかかってしまうため、かなり悩ましいところではありますが…。ご祝儀を頂くということを念頭に置いて、可能な限り良いものを選んでおくと良いと思います。

終わった後に沢山の人から「いやーご飯が美味しかったね」と言ってもらえる喜び、本当に半端ない。「今まで参加した結婚式で1番美味しかったかもしれない」とか言われた日にはもう最高ですよ。その人にとって、自分達の式が特別メモリアルになる以上の喜びってありますか!?そこを目指していこう!

2.引出物を工夫した

カタログギフトとかバウムクーヘンが一般的な引出物。
オーソドックスにまとめても良いですが、最近は引出物用のアイテムも無数にあります。

僕らは「なんか普通じゃないもの入れような」という話になったので、人気のアイテムからそういうものを選びました。

"人気のアイテムから"というのがミソです。
奇をてらうにしても変すぎて失敗するのも嫌ですし、実績のある物の中からユニークなものが良いかなと。

僕らは「タイの形をしたパイ」と「TKG(たまごかけごはん)セット」を選びました。醤油が普通のに戻れないくらいすごい美味いらしい(自分では試してないので分からない件)

これも終わってから友人に会った時に「引出物のアレ面白かったね」とか言ってもらえることが結構ありました。参列者の方から話題に上げてもらえるの本当に嬉しいんですよ。それだけ楽しんでもらえたということなので。

プラスして嫁側がカタログギフトを入れた枠に、僕はこんなものを……

結婚式は引出物で一工夫『名前詩(ネームインポエム)』で1人1人に気持ちを伝えよう!

名前と人柄を使って世界に1つだけの名前詩を贈ることができるサービス。
これは本当に好評でしたし、自分で依頼をかける時間も楽しかったです!
ご興味あればこちらも是非お読み下さいませ!

3.ファーストバイトをスプーンで食した

ウケた(満面の笑み)

新婦側が大きく取って新郎側が無理に食わされるという"お約束"の催し。
セオリーは破るもの!ということで、胸ポケットに忍ばせたティースプーンで小さくパクり。食べ物を粗末にするのは感心しないぜ。

最後は「え~~!!?」と周りから煽られたのでお決まりの大口でバクりまでセットで!かなーり盛り上がりました!!(と感じている)

これを真似すると良いということではないのですが、1つの参考までに。

結婚式って基本的に何をするにもお金がかかります。お金を無限に出せばどんどんオリジナルの結婚式にはなりますが、そう甘くないのが現実です。

だからこそ、簡単な工夫をすることでオリジナリティが出せる部分を見つけるのが大事。そしてやりたいことには積極的にトライして行くと良いと思います。

4.BGMを全曲自分達で選んだ

「定番曲は流したくない」という嫁側の希望により全曲指定。
まぁ嫁が何でも良いと言っても僕が全曲選んでいたでしょうが…。
音楽については↓の記事もどうぞ。

【実録】結婚式では好きな曲が使えない!? 確認しておくことまとめ!

実際に披露宴が始まると、恐らく始まる前に想像しているより自由な時間は少ないです。自分達は主役という"大"なる者ですが、それも参列者という数十の人を前にすると普通に飲まれます。かなり目まぐるしく過ぎていくため、油断すると流れ作業のような感覚に陥ることも。

こんな時、自分達の空間を維持してくれるのが「耳だけ」傾ければ良い音楽です。「お、良いな良いな俺の選んだ曲流れてるな~」これだけでテンション上がります。

当日、誰にも伝わらなくとも自分達だけが盛り上がれる部分が1つ2つあると違ってきます。
そういう意味で音楽にこだわるのはベストです。

この結婚式は自分達が主役だったなと通して感じさせてくれるのは、好きな音楽だったりしますよ。

5.エンドロールムービー

ムービーってお金がすごいかかる!数を絞らなきゃ!でもどれを残そうどうしよう!
という方にオススメなのがこのエンドロールムービー。

当日の式の模様をダイジェストのような動画にして選んだ曲に乗せてくれるというもの。

これマジですごい。
当日撮影した素材を披露宴の間に編集して退場に間に合わせてくるわけですよ。
すごい技術だ。そりゃ金もかかる。

ある程度型が決まっているとは言え、曲に合わせた展開も考えないといけないじゃないですか。初めて聴く曲だって少なくないはず。そういうのは事前に聴き込んで打ち合わせしてくるんでしょうね。

「ちょっとこういう絵が欲しいんですけどやってもらって良いですか?」
「はい、良いですけど(こんなのどうするんだ?)」

とリハーサル中とかに謎めいていた素材が美しい構図で動画になっているのは感動しますね。

主役の2人が退場後に流れるものだったので、実際確認できたのは帰ってからなんですが。あまりに素晴らしかったので家でちょっと泣きました。すげーぜ。

ムービーの数を絞るなら、やはり当日の模様を残して見返せるものが1つあると良いのかなとは。その時の自分達だけでなく、集まってくれた親族や恩人、友人との式、披露宴は本当に一期一会。やり直すことはできないものなので。

演出としても、もちろんバッチリです!
終わり良ければ全て良しという言葉があるように、エンドロールムービーは最高な有終の美を飾ってくれますよ。

まとめ

以上、こだわって良かったところ5選です。

外装や全体の雰囲気は当然ですが嫁のやりたいことに沿いました。どれも良かったと思いますが、そこはやはり決めた本人だからこそ分かることだと思うので割愛しました。

よって、これらは主役と言っても2番手である男性目線で結婚式が成功だったと思える部分です。

僕は嫁はもちろん、参列者の方々がどれだけ楽しんでくれるか、喜んでくれるかが重要だと考えていました。自分が楽しいのは前提ですが、そういう姿も含めて周りが楽しんでくれる内容でなくては意味がないという感じ。

なので、皆から「良かった」と言ってもらえそうなことを考えて、許される範囲で盛りに盛ったつもりです。その多くに好意的なレスポンスを頂けたことを含めて、結婚式は楽しかったです。

結婚式のご祝儀って当たり前に頂くことになってるものですが、決して安い金額ではない。そのお金があれば、自分の趣味の中でも良いものが1つや2つ買える金額です。それだけのお金を頂いておきながら、何の話題にも上がらない、後から参列者の方に声をかけてもらえないような内容の結婚式は、ちょーっと悲しいかなと思ってしまうところがあります。

ある程度やりたいことをコントロールしながら「皆のための結婚式」を目指す。祝われて当然みたいな思考は一切合切捨ててしまいたいところ。少なくとも夢を叶えてあげる側である男性はそうであると良いのかなぁと。

自分のやりたいことを思う存分取り入れれば、やり切ったことに十分満足できると思います。しかし、終わった後に周りから声をかけてもらえたり、SNSで感想を書いてもらえたり、友人が周りに自分達の式の話をしてくれると知った時の嬉しさはまた格別です。結婚式延長戦とも言うべき喜びの時間です。

僕はここまで含めて是非楽しんでほしいと思うので、あえて周りのことを考えた挙式をオススメします。

この記事の内容を、自分のベストな挙式を考える参考にしてもらえたら嬉しいです。これもまた、自分にとって結婚式を挙げた喜びになると思いますので!よろしくお願いします!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

1

さて、仕事を辞め、物書きとして生きるチャレンジを始めた僕なのですが。 そもそも物書きで生きると言っても色々あるわけです。 例えばネットライティングの仕事。 こちらはクラウドソーシングなどで探せば(報酬 ...

2

ヤバい人だらけなんですよ。いや本当に。 観光地で周りを見渡したら視界に絶対1人はいます。 しかも警察に一切取り締まる気がないのでほぼ野放しです。 警察は暴動とか大騒ぎが起きて初めて動くようで、こういっ ...

3

28歳から料理に挑戦して1年半、一応そこそこ食えるものが作れるようになってきたという頃合いの僕なのですが。もう何よりいつも考えるのは、ご飯を作ることより食洗機の購入ですね。 食洗機欲しい!持ってないけ ...

4

結婚式シリーズもこれで10記事目。 1段落ということで、最後に感想記事を書いてみようと思います。 最近は金銭効率的に無駄扱いされることも多い結婚式。 実際やってみて思うことを赤裸々に書いて行きます。 ...

-生活の知恵, 結婚式実録シリーズ
-,

Copyright© HatsuLog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.