生活の知恵 結婚式実録シリーズ

【体験談】結婚式のお金は契約後からやっぱり上がる? 気を付けることまとめ!

更新日:

上がります!!

実際そうだから仕方ない…。

今回のテーマは一番気になるお金について。

結婚式って後からお金が上がるっていうけど、実際どうなんだろう。
一般的にはそうでも自分達のとこがどうかなんて分からない。
営業マンには大丈夫です!って言われてる。
うーん…。

という人多いかと思います。

1番気になるけど、1番誰にも聞けない部分ですよね。

何故なら、結婚式のお金について質問できるような仲の良い友人の式には出席してることがほとんど。自分が出た式について「いくらかかった?」なんて聞きづらいし答える方も…というところでしょう。

だから結婚式のお金ってサンプルが基本的にないまま進めないといけないと思うんですよ。なので、結婚式場はどうしてもお金のトラブルに発展しやすく、それによる解約とかも後を絶たないとか。

できれば1つでも何か参考になるものが欲しい…とお思いのアナタにこの記事!

というわけでなりましょう人柱!
書きましょう!ありのままを!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

初期費用で「できる状態」にはなっている

前の記事でも書いているのですが、一般客には結婚式全体のどこにどうお金がかかっているかを把握する術がありません。細かい内訳を出してくれるところはあるでしょうが、それを見ても到底分からないです。

何故なら結婚式は基本的に1発勝負。詳細な予行練習などはありません。
段取り確認でさえ当日サラッとやるくらいです。

結果的に当日の進行や催しの多くはスタッフさんに全てお任せという形になります。その部分に関しては、客側は一切気にする必要はありません。

当日その時になって「あぁそういう感じなのね」ということも沢山ありました。それもスタッフさんにとっては「いつものこと」という感じ。

進行については、客側はノータッチだった部分が半分以上あるが、式場側が完璧に取りまとめてくれているという感じ。

つまり結婚式は、全く打ち合わせをしなくても式自体は滞りなく行えるような売り方をしています。契約時に提示される金額はこの金額だと思って下さい。

これで問題ないですか?金額上げずにできますか?
と聞いても、営業マンは「できます!」と言うでしょう。実際できるようにはなってます。

ただし、結婚式は夢を実現する催し。頭の中に思い描いていることが、提示された金額で全てできるかと言われればそれは否です。

「それまで含まれた見積りをください」と言うことはできますが、詳細な打ち合わせをしないとそれもアバウトなものしか出てきません。そして契約前に詳細な打ち合わせをさせてくれる式場は多分そんなに多くないです。大きくて豪華なところになるほど、まずあり得ないでしょう。

ですので、心積もりとしては金額が上がるという気持ちで式場を選んだ方が確実です。

参考までに書いておくと、僕らは契約時から50万円くらい上がりました。
総額は…もちろん言えません(笑)

多い方だと100万円以上増えてしまうパターンもあるそうなので、よくあるレベルだとは思います。契約前の見積りから50万円~100万円上がるという認識で式場を選びましょう。

契約前に何度も見積りを出しまくってもらうのはオススメしません。何度も契約前に細かく見積りを確認して「よし、これで大丈夫」と思ったとしても大抵大丈夫じゃないからです。

所詮素人の認識なんてそんなものです(元住宅メーカー勤め談)
その時間が無駄で疲れてしまうし、夫婦喧嘩の原因にもなりかねません。

上乗せ金額を考慮して式場を決めてしまってから、色々見ながら悩んだ方が楽で良いですよ。

では次の項では、「金額が上がりやすいところ」のお話を致します!

ここは気を付けたい!金額が上がりやすいところ!

1.料理など招待客1人1人別々に必要なもの

意外と大きい上がり幅になりやすいのがこれ。
今回は料理で話をしますね。

結婚式の料理って美味しくないって言うし、招待客のためにもグレードアップを考えておきたい。という方も多いかと思います。

こういう料理や式場全体のドレスアップなどグレードアップという形が存在するものは、大概その式場で最も安い金額のもので見積りが作られています。悪い言い方をすれば最低ランク。1つでもグレードを上げれば金額が上がります。

料理はその中でも大きいコストアップに繋がりやすいところ。
何故かと言うと、招待客の人数分金額が上昇するからです。

例えば招待客が全込み60人いると、料理の1,000円アップは60,000円アップに繋がります。
まぁ1000円でこんなに変わるなら…と思い、つい上を選びたくなりますが、実際上がる金額はもっと上。
総額とご相談くださいね。

料理以外にも、人数分用意が必要なものは思ってるより金額が高く出ますので注意が必要です。

最も、結婚式はご祝儀という形でお金を頂く催しなので。
そこをケチるというのはどういうことかは意識された方が後腐れが生まれにくいかなぁとは。

無理する必要はないですが、許される範囲で来てくれる方への恩返しも考えて決めましょう。

2.映像やアルバム

滅茶苦茶高いです。

結婚式というと、随所にムービーがあって笑ったり感動したりちょっとノスタルジーになったり…。というイメージがあると思いますが、お金かかります(悲しい現実)

ムービーを1つ盛る度に10万~20万円くらい上がると思います。

それくらい映像の撮影と編集には手間と技術が必要ということなのですが…。
実際じゃあそんなにお金を払えるのかと言われると悩んでしまうところ。

これをお読みの方がもし映像盛り盛りの式をイメージされているのであれば、この辺りは何かしらの心構えを持っておいた方が良いかなと思います。

あとアルバムも写真の質は表紙の豪華さ、選べる写真の枚数によってかなりお金が変わります。初期の見積りにアルバムは入っていますが、市販の物とそう差のないレベルのものと思います。

ここもせっかくだし、エレガントなものを残したい!という方は事前に心構えを。

しかし、今はスマホで招待客の皆さんが写真や映像を残しておいてくれる時代です。

式場で撮ってもらった写真も、アルバムにならずともデータで貰えます。
それも考慮に入れて選ぶと良いと思いますよ。

3.その他 各種特別な演出

複数の結婚式に参加したことがある方は、それぞれの結婚式を今頭に思い浮かべてみてください。「Aさんの結婚式にはあったけど、Bさんの結婚式にはなかった」というものがありませんでしょうか。

それ、だいたい別計上です。
全ての結婚式に共通していなかったものの大半は追加料金を払って行われてます。

そういうことを1つ増やす度にお金がかかっていきます。どういうものをやりたいかは、実際打ち合わせで提案を受けて決まることが多いので、事前に確定しておくのは大変難しいと思います。

見れば見るほどあれもこれもやりたくなると思いますが、最終的にはしっかり吟味して決めましょう。こういうものは、式場が提示してきている金額がそのまま追加計上されるだけなので分かりやすいですし。

中には(これで○万円は流石にボりすぎ…)と思ったものも存在します。
プランナーさんに「正直オススメできない」と言われたものもあります。

スタッフさんと良好な関係を築いて、そういう話を聞けるようになると良いと思いますね。

4.ウェルカムコーナーなど

結婚式というと、もう待機場所の段階から夫婦のオリジナルアイテムが展示してあって2人の幸せそうな姿が…。というイメージあると思います。

僕達の挙げた式場はこの部分は式場管轄外でした。

つまり、自分達である程度配置を考え、デザインして物を搬入し、準備を頼まなくてはなりません。もちろん、お願いすればスタッフさんが全て配置などはしてくれると思います。が、物を用意するのは自分達です。

ここを豪華にしようと思うと全て実費になるので、式場の契約金額からは離れますが別途お金がかかります。式場によっては大物は持ち込み料がかかったりするかもしれないのでそれも併せて確認を。

何もやらなければ0円ですが、何か壮大なことを考えているとお金がかかります。

全体をしっかりまとめたいイメージがあるのなら、この辺りも気にしておくと良いですね。

まとめ

以上、結婚式のお金の上がり方について書いてきました。
式場選びの参考にでもお使いください。

結婚式って恐らく一般人がお金をまとめて払うものの中で、住宅、車に次いで高いものだと思います。
当然、慎重にならざるを得ません。

安く、良い式が挙げられればそれに越したことはない。
でも現実問題はそれはかなり難しいです。

最低グレードのもので全部OKです!って人は結婚式自体挙げようと思わない気がします。やっぱり自分の結婚式が他と劣っていると思いたくないから、せめて式場の中グレードくらいのものにはしたい。そう思うのが普通だと思います。女性は特にそうかなと。

そういう気持ちによって金額は上昇していく傾向にあります。
よって金額を上げずに終わらせようというのは無理があるのです。

正直、式自体「これは足元を見すぎでは???」と思う金額設定だとも思います。悪く見れば「夢を実現するためだから仕方がない」という顧客心理に付け込んでいるところはある。

しかも最近は結婚式を挙げる人もどんどん減っているようで、かなり不景気な業界のよう。そうすると、挙げてくれる人からお金を多めに取るしかなくなるわけです。

それを詐欺だ!ぼったくりだ!と言ってしまえば、それまでですが。
僕は結婚式ってそういうのも全部ひっくるめて受け容れて挙げるべきだと思うんですよ。

お祝いの場ですから、あんまり金額のことでシビアになりすぎても仕方がない。
そんなことでイライラするなら、プランナーさんと楽しく仲良くやり取りできた方が絶対良い式になりますから。

「そういうもの」だという認識を持った上で、割り切って結婚式の準備を進めて行くことを僕はオススメします。
この記事がその1つの助けになりました幸いです。

是非準備含め、楽しい時間をお過ごしくださいね!それでは!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

1

さて、仕事を辞め、物書きとして生きるチャレンジを始めた僕なのですが。 そもそも物書きで生きると言っても色々あるわけです。 例えばネットライティングの仕事。 こちらはクラウドソーシングなどで探せば(報酬 ...

2

ヤバい人だらけなんですよ。いや本当に。 観光地で周りを見渡したら視界に絶対1人はいます。 しかも警察に一切取り締まる気がないのでほぼ野放しです。 警察は暴動とか大騒ぎが起きて初めて動くようで、こういっ ...

3

28歳から料理に挑戦して1年半、一応そこそこ食えるものが作れるようになってきたという頃合いの僕なのですが。もう何よりいつも考えるのは、ご飯を作ることより食洗機の購入ですね。 食洗機欲しい!持ってないけ ...

4

結婚式シリーズもこれで10記事目。 1段落ということで、最後に感想記事を書いてみようと思います。 最近は金銭効率的に無駄扱いされることも多い結婚式。 実際やってみて思うことを赤裸々に書いて行きます。 ...

-生活の知恵, 結婚式実録シリーズ
-,

Copyright© HatsuLog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.