生活の知恵

2人暮らしを始めたら絶対まず食洗機を買うべき!導入する5つのメリット

投稿日:

28歳から料理に挑戦して1年半、一応そこそこ食えるものが作れるようになってきたという頃合いの僕なのですが。もう何よりいつも考えるのは、ご飯を作ることより食洗機の購入ですね。

食洗機欲しい!持ってないけど!今1番欲しい!欲しいんだ!

これ料理しないとマジで分からなかったんですけど、飯を作るより洗い物をする苦痛の方が200億倍くらい大きい。料理は楽しい。洗い物は楽しくない。これは僕が掃除や片付けという行為が本当に無駄な時間だと思っているズボラ野郎なせいかもしれないですが、流石に毎日作って毎日片付けとなると苦痛を感じる方のが多いはず。

というわけで今回の記事は食洗機の必要性を改めて解説する記事です。ちなみに個人的なことを言うと嫁を納得させて購入するところまでがこの記事の僕の目標です。本気です。お付き合い頂けると幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

どうして食洗機が必要なのか

ではまず食洗機の必要性が家庭にあるメリットについてこの項で書いて行きます。
「いや2人暮らしに食洗機なんて絶対ぜいたく…」と思っている人達にはまずこれを読んでほしい。変えてみせますその価値観!

食器洗いのことを考えなくて良い

食器洗いは概ね20~30分くらいのそれほど大したことのない作業だと思うのですが、何よりも嫌なのが「いつかやらなければならない」という状況が毎日来ることです。面倒臭いなと思っても放置しておくことが物理的にも生活的にも難しい。ので、どんな状況でも誰かが絶対にやらなければならない。

嫌なことは後回しにしたくないからすぐ済ませるという人もいれば、次に使うギリギリまで放置という人もいるはず。どちらにも共通しているのは「食器洗いしなきゃな…」という気持ちが脳の片隅に残っている時間があることです。

実際に体験すると分かりますが、この細かいカスみたいな悩みが本当にストレス。1と0には雲泥の差があるという感じでとにかくストレス。洗い物がなければどれだけ楽しく余暇を過ごせるかと思わない日はありません。

このストレッサ―を根こそぎ刈り取ってくれるのが食洗機というスーパー便利便利アイテム。全部突っ込んでボタンを押せば終了!作業時間はわずか20~30分でも、頭の中にこびりついたストレスは数時間に渡って精神を汚染し、日によっては家族に当たりたくなるくらいの憂鬱な気持ちを生む。それを0にしたい。全てを0にしたい。

手洗いよりムラなく美しく洗える

手洗いは自分の手でゴシゴシやるわけですから、その日の気分とか体調によって出来が左右されます。よく見たら何か後が残ってたわ、取り切れなかったわということが日常的に起こるものですが、食洗機を使えばそういうことはほぼ起こりません。

しかも手で洗うより全てがキレイで清潔だともっぱらの評判。洗いにくいし面倒臭いコップなんかは特にキレイに洗えるってよく聞きますよね。それを毎日確実に維持してくれるわけです。やはりこういうところが機械の圧倒的強みと言えます。

時間を削減し、精神を安定させ、さらにより綺麗な食卓を作り上げる。
今のところ良いことしかないと思うんですが!

冬場の水仕事を最大限削減

もう冬場の洗い物って地獄の沙汰じゃないですか。

だって手が荒れる。女か俺は。

毎日続けるとこんな感じになることもしばしば…。

乾燥する。カピカピになる。ささくれができる。めくれる。痛い。冷たい。もういや。ゴム手袋する。なんかちょっと洗いにくい。しかもちょっと臭い。寒い。冷たい。寒い。冷たい。アアアアアアアアアア早く春になんねええええええかなああああああアアアア!!?!!!?!

こんな感じでできれば1秒もやりたくない。それだけで購入動機には十分なのでは!?

料理を作るのが楽しくなる

これ!料理をやって初めて気付いたことですが、料理を作っている時に出てくる洗い物が手間!というか洗い物を増やさないために飯を作るようになる!しない人には何言ってるか分からないかもしれないが、してる人は100%こう思ってるに違いない!

洗い物さえ一気に片付けられるならもう1品作っても良いが、ここでもう1品作ると料理を作る時間に加えて洗い物の時間が倍になる…やめよう。この流れ正に鉄板。むしろダイヤモンド板。世界最強硬度。アーイ。

例え自分が洗い物をやらなくても、結局は家族の誰かがやることになるから申し訳なさもある。そうなるとどうしてもそこに引け目が出てきてしまって料理を作る気がなくなる。でも後片付けを機械がやるなら遠慮なく行っても良い。いやむしろ行こう。ポジティブな思考が食卓の彩を変える。

これ「食洗機なんてもったいない。嫁が洗えばいい」という平成も終わるというのになかなかアレな価値観の人には関係ない話題に感じるかもしれないんですけど、食洗機買ったら絶対毎日のご飯のクオリティ上がりますから。断言してもいい。食洗機が欲しいって旦那に要求するような女性は頑張りたがってるはずです。買ってあげてください。

ランニングコストの削減

要するに日々の金銭的負担です。落ちます。

「電気代かかるからむしろ負担増だろう?」と思っている方々に着目してほしいのは、水道代の方。まず最近の食洗機はそもそも電気代そんなにかかりません。エアコンですら格安の電気代、食洗機なんてそんなにかかる時代じゃないのです。

対して水道代は食洗機が手洗いの1/6~1/7までカットされます(種類やサイズにもよります)こっちの下げ幅の方が電気代の上がり幅より基本的に大きいです。この時点で毎日の収支がわずかにプラスになるのです。俺は元住宅営業マンだからな、こういうことには詳しいんだ。

あとは人件費で考えてください。
たった20分~30分の作業ですが毎日やらなければなりません。もし2人が共働きであるならば、その給料を時給換算して洗い物にかかっているコストを割り出すことで1日いくら相当の活動なのかが分かるはずです。それを合算すると、1年も食洗機を使えば本体の購入代金はペイできます。

そしてこういうものは早く買えば買うほどいい。
使い続けることを考えて日割り計算したら後になればなるほど損する。死ぬまでの日割り計算をすること。それが人生。至言です。

多くの場合は、そこで洗い物を頼んだら実際にお金を払わなきゃいけないわけじゃないので精神的な理屈にはなりますが、前述したストレスによって引き起こされる家庭内不和などのリスクを考えたらメリットしかないですよ。そういうことを考えるのが賢い大人だと思います。俺は欲しい。

在宅ワーカーは家事時間の減少が収入に直結するとも言えるので、この部分とはより真摯に向き合って行きたいですね。

導入時に注意すべきこと

さぁここまで読んだらもう食洗機を購入することは決まったようなものなので、次は食洗機を導入する際の注意点について話して行きましょう。これだけは絶対に押さえておいてほしいポイントを2点だけ説明します。

2人暮らしでも大きいものを買う

2人暮らしだと2人暮らし用の食洗機とか売ってます。

こういうの。コンパクトサイズ。
お値段もお求めやすい感じだし2人分の食器を洗うにはベストなんですが、かなりデカい落とし穴がありまして。大きい食器とかフライパンや鍋が入りません。

正直なところ、洗い物の精神的負担がデカいのってほぼデカ物だと思うんですよ。フライパン、鍋、水筒、ボウル...etc。こいつらが苦痛の7割を占めていると言っても過言ではない(個人の感想です)

なのでデカ物が洗えないというのは食洗機を購入して利用した時の感動が半減すると思われます。素直に2人暮らしでも5人用とか大きめのを買っておいた方が得です。電気代も1.2倍くらいで、入る容量は2.5倍くらい。得だと思ってます。デカいのが欲しいです。

こういうのがね。良いですよね。やっぱ良いよな大きいのは。ロマンがある。同じ大金を払うなら帯に短したすきに長しなアイテムより、確実な性能なものを購入したいところです。

置く場所をしっかり考える

2人暮らしだとだいたいアパート暮らしになるでしょうから、1番気になってくるのは値段よりも置き場所、スペースです。

システム上どうしても水回りの近くに置いて繋がなければならないので、置き場所の確保がめちゃくちゃ重要になります。効率的なことを考えれば大きいサイズを買うべきですが、置き場所の都合でどうしても諦めなければならないということもあるかもしれません。

自分のキッチンがどういうサイズで今どういう使い方をしていて、どの辺りに置くと生活的に都合が良さそうかを購入前にしっかりと考えてから購入しないと、せっかく買ったのに違うことが不便になるということも起こり得ます。事前のチェックや調査が大切です。

こういう高さ調整脚を使って段差を埋めることで設置できる場合もあります。種類はこういったメーカー既製品以外にも色々とあるようで、自分の家にあった脚や棚を購入して使えば無理のない設置が可能になるはずです。

僕はこういうのを使った設置に目をつけている。シンク側を上手く使う予定(願望)
レンジラックとしても機能するようでバリエーション豊富。単純に便利そう。

食洗機に合わせて棚をDIYし、安く済ませつつご自宅に適合する完璧なスタイルを実現する方法もあります。自分で物を作ることが得意な方は、そういうのも楽しいのではないかと思います。

まとめ

というわけで食洗機の導入ついて真剣に語ってきたのであります。

いや導入しない理由がないんですよ。今1つ高価な家電を買おうって話になったらもう脳内満場一致で食洗機ですね。食洗機を買うことによるクオリティオブライフの向上率、雲の上まで突き抜けて果てがない。

「えぇ~いるか~?」と思っていた方々もこの記事を見たら「まぁ確かに…」くらいまでは思って頂けたと思うんですが!が!それでも今思っている以上に食器洗い=料理に関する毎日の負担、そこから来ているストレスや他の活動への影響ってすごい数あるはずなんですよ。

その多くが食洗機を購入し活用することで、低減ないし完全に消滅します。
やべぇ欲しい!

必須家電のクオリティアップだと、お金をかけた時の変化が60点から80点になるという感覚だと思いますが、食洗機は必須家電ではない分、導入した時の変化が0点が80点になるなので感動が大きいはずです。必須ではない家電ほどしっかりと導入を検討すべきなのです。

僕のこの食洗機への熱量が皆様の心を動かすことを祈ってこの記事を締めさせて頂きます。
さぁ買いましょう食洗機。変えましょう日々の生活。QOL!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

1

さて、仕事を辞め、物書きとして生きるチャレンジを始めた僕なのですが。 そもそも物書きで生きると言っても色々あるわけです。 例えばネットライティングの仕事。 こちらはクラウドソーシングなどで探せば(報酬 ...

2

ヤバい人だらけなんですよ。いや本当に。 観光地で周りを見渡したら視界に絶対1人はいます。 しかも警察に一切取り締まる気がないのでほぼ野放しです。 警察は暴動とか大騒ぎが起きて初めて動くようで、こういっ ...

3

28歳から料理に挑戦して1年半、一応そこそこ食えるものが作れるようになってきたという頃合いの僕なのですが。もう何よりいつも考えるのは、ご飯を作ることより食洗機の購入ですね。 食洗機欲しい!持ってないけ ...

4

結婚式シリーズもこれで10記事目。 1段落ということで、最後に感想記事を書いてみようと思います。 最近は金銭効率的に無駄扱いされることも多い結婚式。 実際やってみて思うことを赤裸々に書いて行きます。 ...

-生活の知恵
-

Copyright© HatsuLog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.