イタリア周遊記 生活の知恵

息を呑む美しさ…!イタリア旅行で感じた日本と決定的に違う4つのところ

更新日:

初めてのイタリア旅行が初めての海外旅行。
そんな状況でツアーに参加し、1週間かけてイタリアを周遊したのが5月のこと。

日本から遠く離れた地、ヨーロッパ。
異文化に触れ驚いたこともたくさんありますし、風土の違いを実感した瞬間もありました。

この記事では旅行先で感じた日本とイタリアの違いについて面白いと思ったところを書いて行きます。
よろしければお付き合いくださいませ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

1.日が沈むのが遅い

サマータイムということもありましたが、とにかく日が沈むのが遅い。
夜の21時を過ぎてもまだ明るいという状態。

日本の5月は19時頃にはもう暗いので、これにはかなり驚きました。

イタリアと日本の5月は気候にあまり差がなく、服装についてはほぼ同じ季節感のものだけで過ごすことができるくらいです。
そのせいもあって「日が沈むのが遅い」ということへの違和感が倍増した気がします。

時差ボケはだいたい初日で治ったのですが、この感覚の違いというのはなかなか払拭できないもので。
「まだ明るいから」という感覚で行動してしまうと、意外と夜遅かったりして「あぁそうだった」となりがち。

人間はやっぱり明暗である程度体内時計のコントロールをしているんだなということがよく分かりました。

同様の理由で日が昇るのも遅いはずですが、こちらはあまり実感することはありませんでした。
季節的に夜が短いですし、毎日旅行疲れでかなりぐっすり寝ていたので(笑)

2.店員さんが不愛想

旅行ですから当然現地のお店で買い物をする機会もありますが、だいたいの人が不愛想です。

イタリアは労働を罪とする価値観だと言いますが、全体的にそういう感じ。
行動そのもののみが仕事であり、やることをやっていれば態度や対応については関係ないということのようですね。

接客対応ピカイチの日本人が行くとその態度に面喰うこと間違いなし。
最初は邪険にされているのかとさえ思います。こっちがお客さんなのに!!

でも国民全体が「そういうやり方を共有して生活している」というのは良いことでもありますね。
それぞれが緩く仕事することを皆が受け入れているから成立している文化です。

日本はちゃんとやることを強要して皆が苦しみながら仕事をしているので真逆です。
その分、私生活はとてもとても便利な国で、一長一短あるなぁと感じます。

ただ、日本は「そうしないとやって行けない」みたいな考えが強すぎてがんじがらめになっているところがあるので。
イタリア人から「慣れればそうでもない」ということを学んだ方が良いかもしれません。

ちなみにホテルなど観光客の対応が主な仕事の方にはニコニコしてる方が多いのでご安心を。
イタリア人自体はおおらかで陽気な正確な人が多いので、悪い人達ではありません。
ただ絶望的に仕事が嫌いというだけなのでしょう。分かるぜその気持ち。

特にチップを渡した瞬間は「WOW!! YEAH!!」みたいな反応をしてくれて大変気持ちが良い!
機会を見つけたら是非直接渡してみてあげてください!

3.新しい建物が少ない 故に美しい

イタリアは新しい建物が極端に少なく、古い町並みが維持されています。
これも数百年前に作られた建物をリノベーションして使い続けているからだそう。

内装だけを入れ替え続けて、ずっと建物自体は建て替わっていないんですね。
法律で厳しく定められているので、新しい建物を建てる時も景観を損ねないようなものを建てなければならないとか。

だから決して汚いということではなく、実際はむしろその逆。
年季の入った美しさが国中を取り巻く、芸術的な風景がそこにはあります。

イタリアは諸外国が持つ景観上のイタリアのイメージを守ることに命を懸けている国です。
訪れてみると「俺達が考える最高のイタリア」が実在していることにまず心打たれます。

とにかく景色が美しい。
山小屋1つ取っても鉄製のボロ小屋とか1つも建っていないくらい、余念がないのです。

ただの街並みでさえこのクオリティ!

こちらはピサの斜塔のてっぺんから撮った写真!イタリアみ!

石造りの建物は時間が経つほど年季が入って美しくなると言うのは本当。
石の欠け方や汚れ方1つとっても風情がある。木造の日本とはまた違った趣きがありますね。

イタリアは地震がとても少ない風土ということもあり、石造りの建物を壊さず使い続けることができます。
構造の工夫が難しいため地震には弱いですが、劣化が少なく耐久力は高い素材です。だからこそ整った町並みを作ることができるんですね。

地震大国である日本では絶対に為し得ない恒久的な美しさの実現。その数も質も年季もイタリアは一線を画しています。
もちろん、日本にも何百年も前からある木造建築物はありますし、地震があるからこそ発展してきた文化もありますので、日本が劣っているというわけではありません。ただ、それくらい大きな違いがある部分だというだけの話なのです。

建物については最も大きな違いを感じる部分と言えるでしょう。

4.公衆トイレが少ない上に有料

しかも汚い!!
日本は恵まれている!!

そもそも公衆トイレ以前に水回りが全体的に微妙。
ホテルの綺麗なトイレでもクオリティが昭和。

温水便座とかありません。そもそも多くの場所でトイレの中にコンセントが確認できなかったので、取り付けられない気がする。

綺麗なトイレがある場所は限られていますので、ツアーの場合は添乗員さんの指示に従って済ませましょう。
カフェやブランドショップにはトイレがあるので、買い物ついでに使わせてもらうことを考えておくのも重要ですね。

加えてビックリしたのはトイレの作りや流し方が店や街によって違うこと。
済ませた後で「これどうやって流すんだ???」と悩んでしまったことが何度か…。統一しておいてほしい…。

レバーとか取り付けないで壁にあるボタン(レトロ)を押したりして流すんですが、そこの造形に凝ったりしているところがあり、それが観光客を悩ませる原因になっている節があります。労力のかけどころが美術的な観点に向きすぎていると思う。綺麗にするのはそこじゃないと思う。

あと洋式便所なのに、水が前に溜まっている(和式便所の中みたいな)スタイルのトイレがあり、最初見た時固まってしまった。
使う時は物凄いソワソワしました。

イタリア旅行はトイレに注意です!!(笑)

まとめ

海外旅行は異文化交流とは言いますが、本当に考えもしなかったことが起こります。
特にヨーロッパ諸国であるイタリアと日本では何もかも違うと言ってもおかしくない。

20代後半になって初めての海外旅行でしたが、得るものはたくさんありました。

我々は普通や常識という観念を、どうしても自分達の周り基準で考えてしまいますが、少し空を飛べばこんなにも自分達の知っているものとは違う「常識」が存在しています。

どちらが良いとか悪いとか、変わっているとかこうあるべきとか言うつもりはないのです。

ただ、皆がそれぞれの国で、それぞれの文化を受け容れながら生きているということ。
そしてその中には、自分達の国より優れているところもあれば、劣っているところもあるのです。

それをどちらも否定せず、自分にとって良い刺激として取り入れて行くのが海外旅行の楽しさなのかなぁと思いました。

そういう点では、イタリアという国に最初に赴けたのは良かったかもしれません。
それほどに色んなギャップを感じる国でした。

イタリアは実際に行ってみると、きっと話に聞いている以上に美しく、面白く、そしていい加減な国です。
機会があれば、是非体験しに行ってみてくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

1

さて、仕事を辞め、物書きとして生きるチャレンジを始めた僕なのですが。 そもそも物書きで生きると言っても色々あるわけです。 例えばネットライティングの仕事。 こちらはクラウドソーシングなどで探せば(報酬 ...

2

ヤバい人だらけなんですよ。いや本当に。 観光地で周りを見渡したら視界に絶対1人はいます。 しかも警察に一切取り締まる気がないのでほぼ野放しです。 警察は暴動とか大騒ぎが起きて初めて動くようで、こういっ ...

3

28歳から料理に挑戦して1年半、一応そこそこ食えるものが作れるようになってきたという頃合いの僕なのですが。もう何よりいつも考えるのは、ご飯を作ることより食洗機の購入ですね。 食洗機欲しい!持ってないけ ...

4

結婚式シリーズもこれで10記事目。 1段落ということで、最後に感想記事を書いてみようと思います。 最近は金銭効率的に無駄扱いされることも多い結婚式。 実際やってみて思うことを赤裸々に書いて行きます。 ...

-イタリア周遊記, 生活の知恵
-,

Copyright© HatsuLog , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.